ひねもすのたりの日常&時々非日常

harimao.exblog.jp ブログトップ

<   2015年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧

動物園や水族館は必要か

a0248232_15412299.jpg
*7/20テレビ朝日放送「たけしのTVタックル」

ワタクシはニュースとドキュメンタリー番組以外はほとんどテレビを見ないのであるが、このTVタックルは時折、出演者同士が熱くなってバトルを繰り広げたりするので面白くタマに見ております。

先週のこの番組のお題がちょっと面白かったので・・・。

写真に写っているこの方、お綺麗な方ですけど、アニマルライツセンターとかのNPO法人の代表でいらっしゃいます。

このNPOのHPを見ると、動物園や水族館の動物、身近なペット、肉食に供される動物等々、人間の管理下に置かれている動物は「動物としての尊厳、動物としての本来の姿を全て奪われています。」と書かれております。

そして、「私たち日本人は、動物への扱いを通して(中略)、命を軽視する心、これらが当たり前であると学んできてしまいました。」とあります。

ワタクシも動物園や水族館についてはチョット批判的ではありまして。
狭い檻や水槽の中で一生を過ごさなけりゃならない動物を見ていると、ホントはもっと広いジャングルや大海原で暮らす権利があるはずだよなぁ、と思ったりして動物園や水族館は無くてもよろしいのでは、と考えたりもするのですが・・・。

人間も動物も自然の中の生き物として同じですから、自然の中であるがままに生きる、と云うのが基本だとは思いますけど、図らずも人間だけが他の動物を管理する能力を身に付けたことで、家畜が生まれ、ペットが生まれ、動物鑑賞の娯楽施設が生まれ、と自然とは逆行した世界を作りあげてしまったわけなのですね。

その昔、中山峠にミニ熊牧場見たいなのがあって、クマさんが檻に入れられただけで飼われていましたけど、これなんかは明らかな虐待ですね。こういうのを見るとこのNPOの女性が言ってることも一理あるかなと思いますけど、だからといって「命を軽視する心がが当たり前と学んできた」とは云えませんね。このヒトは別として。

子供の頃に虫取りをして標本を作ったり、セミの脱皮を徹夜で観察したり、アリを捕まえてビンの中に閉じ込めて巣のできる様子を眺めたり、こういうのもこの方に云わせると虐待になるんでしょうね。トンボ獲ったりしたことないのかね。

動物の命に対する人間の態度として「許容される範囲」と云うのがあるのだと思います。その最たるものが食料として動物の命を貰うと云うこと。食べるときに「いただきます」と云うのはその命をいただくことに感謝をする言葉なのです。

この方はベジタリアンのようだけど、植物だって生き物なんだから、自然の中であるがままに、となると植物自らが種を撒く前に摘み取られて食べられるのは自然とは云えないと思いますけどね。イチゴなんか種を出す直前の姿を見るとちょっとグロです・・。

ワタクシは積極的に動物園や水族館に行きたい方ではないですけどね、この方の云われるように、飼われている動物がすべて「虐待」を受けているとは思いませんね。シマウマだってライオンに追っかけられて生きたままハラワタ食われるよりは、餌の心配のない動物園で一生を終えるのも悪くないんじゃないだろうかね。

それより何より、動物園や水族館で見る子供の喜ぶ顔が一番じゃないのかな。この地球が如何に多様性に富んだ星であるか(そんなムツカシイことは判らんか)、もし動物園がなかったら、アフリカのサバンナまで行くのに入場料ではとても行けないんだよ、とオトーサンが教えてあげる大事な場所だと思うけど。


[PR]
by go_st_andrews | 2015-07-27 18:53 | 独り言

新国立競技場

a0248232_05383720.jpg
(日本経済新聞3面)

我がニッポンの政治家(全部とは云わないが)がここまでバカだったとは。

政治のレベルはその国の民のレベルを超えることが出来ないのであるとか・・・トホホホ。

先の安保法案可決でアホいやアベ内閣の支持率は右肩下がり。でも、これがなければシレッとして計画をゴリ押ししていたはずだから、何をか云わんやである。

2020年の東京オリンピック。正直なところ自分の目の黒いうちに日本でオリンピックは見れないだろうと思っていたから国民としてはバンザイをしたいところであり、そのメインスタジアムにそれなりの税金を使うのは納得感があるとは云え・・・。

成金大国の中国が2008年に開催した北京オリンピックの国家体育場の建設費が513億とか。

日本最大のドームである福岡ドームの建設費が750億だとか。収容人員が約4万人だから、新国立が必要とするのは8万人(ラグビーのワールドカップに必要なんだとか)だそうで、その倍としても1500億円くらいが妥当なところで、当初見込みの1300億程度ならここまでブーイングが起きなかったはず。

それがなんとなんと、当初予算の倍(福岡ドームの約4倍)の2520億円だとか。しかも目玉である開閉式の屋根の建設費はこの中に入っていないのである。誰が考えたってジョーシキのある国民なら怒りまくるわね。それがこの国の政権を担う政治家には判らないのである。

こういうアホな政治家を選挙で選んでいると、いずれしっぺ返しが来る、とは特攻隊の生き残りのお爺さんが仰ってましたけど。



[PR]
by go_st_andrews | 2015-07-18 06:26 | 独り言

武士の一分

こうなりゃ、藤沢作品を総ざらいしてみるか。

「武士の一分」
・制作年:2006年
・監督:山田洋次
・原作:藤沢周平 「隠し剣秋風抄」盲目剣谺(こだま)返し
・キャスト:木村拓哉(三村新之丞)、壇れい(三村加世)、笹野高史(徳平)、坂東三津五郎(島田藤弥)、桃井かおり(波多野以寧)、緒方拳(木部孫八郎)ほか

原作は藤沢周平全集第十六巻に所収されている短編である。

「たそがれ清兵衛」、「隠し剣鬼の爪」に続く山田洋次監督の時代劇の完結編と云う扱いになっているらしい。因みにこの映画は、松竹の配給映画として、当時としては歴代最高の40億円以上の興行収入を記録したヒット作となっているそうである。

全2作が、藤沢周平氏の短編数編の合作となっているのに対して、この映画は原作1編を主題とするストーリーとなっている。

木村拓哉扮する三村新之丞は、海坂藩の毒味役を務める三十石取りの下級武士である。

映画の冒頭シーンは、三村が毒味役として「赤ツブ貝」を食べて中毒を起こすところからスタートするが、原作では「笠貝」となっており食材としてはあまり聞いたことのない貝である。映画でもこのあたりは一般的なツブ貝に置き換えたものと思われる。

小説では、盲目となった三村が妻加世の不倫の兆しを感じ取るあたりから始まり、不倫の事実、妻の離縁、不倫相手との果し合い、と云う順でストーリが展開されるが、映画の冒頭で三村が盲目となり、その後の物語を見せるには効果的である。

山田監督の前2作のタイトルは、いずれも小説の原題そのままだが、本作だけ違っている。「武士の一分」は、小説の中では果し合いを行う三村が「武士の一分が立てればそれでよい」と云う表現に使われているだけである。ただ、盲目となった三村が果し合いを行うのは、夫の為に自ら地獄に落ちた妻加世の仇を討つためであり、それは武士として命にかけても守らねばならない面目、すなわち武士の一分なのである。

藤沢小説で、武士の一分を賭けて事を成すと云う物語は他にもあるけれど、これを映画のタイトルに使ったのは正解だと思う。小説どおりの「盲目剣谺返し」では、ルビを振らなければなかなか読めないし、小説を読んでいない人には、ストーリーは良く判らなくても武士の面目を賭けた物語なのだ、と云うアナウンス効果もあったと思う。

どうでも良いことだが、作中人物で三村と果し合いをする島田藤弥(坂東三津五郎)は、原作では「島村藤弥」である。他の人物が原作どおりであるのに、この人物だけあえて名前を変えた理由が判らない。

小説と異なる映画のオリジナリティーは随所にあるのだが、毒に当たって意識のない三村に薬を飲ませるシーンで、妻加世が口移しで飲ませる場面があるが、こういうのは藤沢氏が存命であれば承諾しなかったのではないだろうか。

藤沢小説にはあまり荒唐無稽な物語は登場しないが、盲目の侍が一刀流免許皆伝の剣士と斬り合って勝つ、などと云うのは荒唐無稽な部類に入ると思うが座頭市の様な例もあるので物語としては面白い。

小説は比較的淡白だが映画は濃厚で見応えのある作品となっている。

キムタクについては賛否両論かと思うが、スマップの人気絶頂期であれば歴代最高の興行収入はさもありなん、と云うところか。金麦のお姉さんは宝塚だけあって見栄えのする女優さんである。

評価⭐️⭐️⭐️⭐️




[PR]
by go_st_andrews | 2015-07-15 20:41 | 映画の部屋

隠し剣鬼の爪

またまた藤沢作品の映画。

「隠し剣鬼の爪」
・制作年 2004年
・監督 山田洋次
・原作 藤沢周平 隠し剣孤影抄 「隠し剣鬼の爪」 「雪明り」
・キャスト 永瀬正敏(片桐宗蔵)、松たか子(きえ)、吉岡秀隆(島田左門)
 小澤征悦(狭間弥一郎)、高島礼子(狭間桂)、緒方拳(堀田将監)、小林稔侍(大目付甲 田)ほか
*以上、allcinema データベースより。

原作は藤沢周平氏の「隠し剣孤影抄」に収録されている短編であり、監督は山田洋次で「たそがれ清兵衛」に次ぐ時代劇である。

「たそがれ清兵衛」が、アメリカのアカデミー賞にノミネートされるほどヒットしたので柳の下にもう一匹、という感じがしないでもない。

と、云うのもストーリーが藤沢周平氏の作品群との合作であり、小説とはかなり異なるオリジナリティーは「たそがれ清兵衛」と同じ作りで、この映画も主人公と下女との恋愛物語が中心となっている。

ただ、映画のタイトル紹介でも原作は、「隠し剣鬼の爪」、「雪あかり」と紹介されているが、映画の斬り合いに出てくる重要なシーンで、相手に背中を見せると云う剣法は、同じ「隠し剣孤影抄」に収録されている「邪剣竜尾返し」が題材となっており、主人公片桐宗蔵(永瀬正敏)が狭間弥一郎(小澤征悦)と斬り合うシーンで、背中を見せる片桐に切られた狭間が「卑怯な!」と叫ぶあたりも原作と同じで、私が作者ならクレームをつけたいところである。

原題にある「鬼の爪」は剣法ではなく、ごく小さな鋭利な刃物で相手の心臓をひと突きするという、小道具を使った技である。

題名は忘れたが、ある推理小説にピアノ線様のごく細い刃物で相手の背中から心臓を刺して死に至らしめる、と云う完全犯罪を狙った話があったような気がするが、藤沢周平氏がこの小説にヒントを得たのかどうかは定かではない。

この「鬼の爪」は映画の最終章のあたりで、片桐が家老の堀田将監(緒方拳)を殺すシーンで描かれる。

「雪あかり」はどこで登場するのかと云うと、片桐家に奉公していた下女のきえ(松たかこ)を藩内の商家に嫁がせるのだが、婚家での過酷な労働に体を壊し、それを聞いた片桐が、きえを無理やり連れ戻すと云うシーンで描かれる。原作では、主人公の芳賀菊四郎が、その実の妹由乃を婚家から連れ戻す物語となっている。

設定はたそがれ清兵衛と同じ、海坂藩の侍の話であるが、映画全体はそれほど緊迫感がない。映画の冒頭は、江戸に出る狭間弥一郎を片桐宗蔵と島田左門が舟の渡し場で見送るシーンからスタートするが、永瀬正敏(片桐)、吉岡秀隆(島田)、小澤征悦(狭間)の三人とも侍が似合っていない。また夫を見送る狭間の妻桂(高島礼子)も狭間との夫婦の釣り合いにやや違和感がある。(姉さん女房の設定としても高島の方が相当年上に見える。実際の年齢差は10歳離れている。)

主人公はあくまでも侍であるのだが、ストーリーでの存在感は女性の方が大きい。前作のたそがれ清兵衛では宮沢りえであるし、この作品では松たかこである。監督が同じなのでこういう作品になってしまうのだと思うが、観客の受け狙いで、映画の物語としては面白いけれど、小説の意図するところとはかなり違ってきている。

作中に直太(神戸浩)と云う下男が登場するが、原作の小説には登場しない人物であり、「たそがれ清兵衛」にも同名(役者も同じ)で登場する。山田監督はこの下男(役者)が余程気に入ったと見え、ややIQの低そうな役柄として描かれるが、役者さんはかなり上手な演技を見せる。

狭間弥一郎役の小澤征悦と云う役者をこの映画で初めて見たが、かの指揮者小澤征爾の息子なんだとか。映画でのなかなかの好演振りは七光りではないような気がする。

評価⭐️⭐️⭐️


[PR]
by go_st_andrews | 2015-07-11 14:39 | 映画の部屋

赤岩 白龍本院 胎内巡り〜逆ルート発見

ピカピカのお天気となった本日、前回の探検でルート探索が不発に終わった、赤岩白龍院胎内巡りのルートにチャレンジ。

20年ほど前に一度だけ連れられて行ったことのある胎内巡り。林道の鳥居から下に降りて行って祠の先から海が見えた程度の記憶しか無く、その時は来た道を戻ったので最後まで登っていないのでした。

いくつかのwebを見てみると、このルートには「出口」があるようで、それには「登って出たところにもお地蔵さんがある」との記述があるのです。そして頂上というか最後のあたりにはいつもの下赤岩の展望台から見える風景が見えるのです。

ひょっとすると下赤岩の展望台の近くに出口があるのでは、と云うことで・・・。
a0248232_17195915.jpg
右方向が下赤岩の展望台。手前に柵とお地蔵さんが見えます。もしや・・・。
a0248232_17210969.jpg
お地蔵さんの先から柵を越えて行ってみると・・・。おーっっ、なんとハシゴがあるではありませんか。
a0248232_17242290.jpg
ハシゴからロープ伝いで降りていくと、あの下赤岩の展望台の崖越しに見える風景が出現したのです。
a0248232_17280715.jpg
左方向に見えるハシゴ。
a0248232_17291241.jpg
奥に鎮座ましますお地蔵さんたち。逆ルートなので通常だとこれが最後のお地蔵さんかも。
a0248232_17300724.jpg
下赤岩の崖から見えるあのお地蔵さんは、ここから登って設置したんだわ。長年の疑問が解決。そんで、ハシゴを登って途中まで上がっては見たものの・・・。これはロッククライマーにお任せした方がよろしいかも。
a0248232_18133371.jpg
右方向に降りていくとハシゴがありました。
a0248232_18161763.jpg
降りてすぐの祠にある布袋さんとおキツネさんたち。
a0248232_18171557.jpg
反対側にも祠が。
a0248232_18175764.jpg
龍神の石板とお地蔵さんたち。
a0248232_18212763.jpg
ロープ伝いで下に降ります。
a0248232_18222303.jpg
垂直のハシゴを「胎内」に降りると云う雰囲気です。
a0248232_18250725.jpg
更に降りていくと・・・。
a0248232_18280118.jpg
ございました。ワタクシが以前見た光景ですね。もう少し海岸に近いかと思ったらそうでもなかったのです。
a0248232_19270579.jpg
絶景です。
a0248232_18333746.jpg
祠から左側に降りるとロープが一本。通常ルートの登りのロープですねきっと。
a0248232_18352966.jpg
下から登ってくるにはこのルートしかなさそう。でもロープも何もありません。
a0248232_18373016.jpg
降りていくと狛犬が居るので間違いなさそう。
a0248232_18394777.jpg
ガレ場を降りたところ。この下の方に踏み跡らしきものがありました。林道の鳥居まで行くにはちょっと自信がなかったので来た道を戻ることに。

帰りは登りオンリーなので結構な運動です。ガレ場を通って戻るルートでなければ、ロープとハシゴもしっかりしていて、それほど危険なところは無い感じですね。ただ、振り返ると断崖絶壁だったりして、高いところが苦手な方はパスした方が良いかも。

マリンブルーの海が見えるこの時期も良いですけどね、結構汗だく。葉っぱが少し落ちた秋の紅葉の時期にでも探検隊に提案しましょ。林道の鳥居から降りてくるよりははるかに楽チンですよ〜。
a0248232_19151363.jpg
今日もいらっしゃいました。ロッククライマーさん。山ガールならぬ岩ガールとでも云うのかな。

a0248232_18301868.jpg
本日の1枚。


[PR]
by go_st_andrews | 2015-07-09 19:38 | 日々の出来事

イーソップ物語

a0248232_12391234.jpg
オジサンの住むお家に1本のサクランボの木がありました。
a0248232_12415930.jpg
でも、その木はオジサンの背丈よりはるかに高く、サクランボは手の届かないところにたわわに生っていました。

オジサンの奥さんは、「あぁた、早く脚立を持ってきてサクランボとってよ。」と云いました。

でも、オジサンは脚立を持っていないのでした。

「あぁた、30ン年間もサラリーマンやってきて、脚立の1本も持ってないのかえ。」

「サラリーマンと脚立がどう結びつくんだっ!」

「それはそれとしてだな。どうせ、あのサクランボはマズイのさ。」


[PR]
by go_st_andrews | 2015-07-06 07:30 | 日々の出来事

佐主岳(さぬしゅだけ)〜パート2

a0248232_21072427.jpg
昨日のお山に登った後のお疲れシューズ。中身の足はもっとお疲れ。

ワタクシのような低山シロートが行くお山は、ほとんどが1000m程度。大体は登山道がしっかりついていて、かつ雨天中止なので登山靴がこういう状態になることはほとんど無いのです。

かようにドロンドロンの状態と云うのは、道なき道を歩いた結果なのです。

3年ほど前に行った佐主岳 ここは、道東自動車道穂別ICから274号に出て、穂別町営のキャンプ場の横から登山ルートに近づけますけど、登山道入口に至る林道は、途中崖崩れで通行不能となっていて、我が秘境探検隊のS本部長の道案内なしには登ることが出来ないのです。
a0248232_21190836.jpg
これ、クマさんの排泄物。林道にフツーに落ちてます。前回もありましたけど今回のはかなりフレッシュ。我々が来る少し前に用を足されたようですね。
ワタクシの靴もまだ新品のように綺麗です。
a0248232_21203263.jpg
7月4日、札幌は薄曇りのお天気、大御所S本部長、F平和通N北方、I平和通第二、K神社裏の各支部長の総勢6名。とりあえずは林道をユルユルと歩きます。
a0248232_21222197.jpg
さて、登山道入り口までの苦行開始。背丈ほどもある笹薮、シダの生い茂る一帯の急登をウンショウンショと登ります。初体験のI支部長は「キャー、面白い!」を連発。そうです、この原始の道なき道を行くのが佐主登山の醍醐味なのです。
a0248232_21392408.jpg
登山道入り口に続く林道に登りきったところ。3年前とおんなじ、ヘロヘロ状態です。F、K支部長が「置いていくか?」と相談してます。フツーのお山なら車のあるところまで戻れるのですが、置いていかれると帰ることができない佐主岳は恐ろしい山なのです。
a0248232_21260771.jpg
やっとの思いで登山道入り口に到着。K支部長は頂上到着と勘違いして欣喜雀躍しているのではありません。倒れている標識を必死で支えながらポーズを取っているのです。(ホントはね、「ここまで来てまだ登山道入口なんて、マジっすかぁ?」と帰りたがっていたのです。)

ところで・・・・。写真の左側、標識の下の方になんか黄色いものが見えませんか???
a0248232_21332895.jpg
な、な、なんと!タモギタケが群生しているではありませんか!

かつては「幻のキノコ」と言われ自然に採取されることはほとんど無いと言われてきたキノコなのです。さすが人跡未踏の佐主岳。

S本部長曰く、「味噌汁にするとサイコーの出汁が出るんだわ。」

ヘロヘロになりながらも、登山道まできたご利益があったのです。天は我を見放さなかったぁ。(八甲田山バージョン)
a0248232_21470309.jpg
なんとか頂上到着。登山道入り口までの急登で体力を使い果たしたワタクシを、心優しいN支部長がサポートしてくれました。

しかし、まぁ。3年前のトワイライトゾーンに魅せられて登山をすっかり忘れていたワタクシ。

探検隊から「佐主行くよ〜」と言われてディズニーランドにでも行くようなルンルンの雰囲気だったのが・・・。

頂上まで写真を撮る余裕がなかったのは前回も同じだったようで、それを忘れさせてくれるほど冒険に満ちたお山なのです。

行程12キロほど(とのこと)、時間にして約5時間に及んだおとーさん達の楽しい遠足は無事終了したのでありました。


[PR]
by go_st_andrews | 2015-07-05 07:00 | 日々の出来事

背広を脱いだ日

a0248232_16334333.jpg
その昔、「魚が出てきた日」と云うモノクロ映画がございました。この映画の監督は今をときめく、ギリシャのお方でなかなか面白いSF映画なのです。
1968年制作ですから、レンタル屋さんではもう置いてないかもですね。

それとは、全然関係のない本日のお題は「背広を脱いだ日」

今を去ること、30数年前。就職活動とやらでこの背広を着てから幾星霜。体型がスリムからメタボに変身する過程でお蔵入りになった背広は数知れず。

我ら日本男児がこの背広を着用するようになったのは、先の御一新から此の方かれこれ150年ほどになるのでありますが、世の中のおとーさん達の大多数は、この背広を着てイソイソと会社へ通ったのであります。ワタクシもその一人でありました。

この背広、これだけでは用を為さず、これにホワイトシャツ(Yシャツとも云いますが)にネクタイなんぞも必要で、あの寅さんのように背広にダボシャツ・腹巻ならクールビズなんて必要なかったのに。

まぁ、それでもこの背広君達にはお世話になりました。これが女性だと会社で制服はあっても行き帰りは私服だから毎日あれこれ考えなきゃならないけど、背広なら考えなくて良いですもんね。

ワタクシの上司で、毎日同じ紺地の背広を着てくる方がいて周囲では着たきり雀かねぇ、なんて揶揄してたんだけど、実はこの方、同じ背広を何着も持っていて、それを取り替えて着てたのだそうで、まぁ究極のお洒落かも。

もう着ることもないだろう、と云うことで、じゃぁ全部お蔵入りにするのか、と云うと。

礼服は冠婚葬祭に必要ですわね。

フツーの背広はもう着ない、とは云うもののホールインワンやエイジシュートでも達成してパーティでの挨拶に必要かもしれないし、今後、シルバー人材センターの面接等で少しでも好印象を与えるのに背広着用が必須であろう、と云うことで何着かは手元に置く事にして。

スパッとぜーんぶ捨てられないところがやはり小市民。

長年お世話になった背広も型崩れてお蔵入り。中身の自分も型崩れつついずれお蔵入り。


[PR]
by go_st_andrews | 2015-07-01 18:15 | 日々の出来事

ゴルフの聖地St.Andrewsでプレーするのを夢見るぐうたら人間のブログ


by harimao
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31