人気ブログランキング |

ひねもすのたりの日常&時々非日常

harimao.exblog.jp ブログトップ

<   2015年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

プロローグ 

このブログを始めてから3年が経ったのであるけれども、日々の出来事に於いてピクチュアを交えた話題と言うものは、平々凡々たる日常にそうそう無いのであって、しかも「どうせアップするのなら少しでも見映えの良いモノを」等という欲深な発想で構えて居ると「ブログネタ」に追い込まれて仕舞うこともしばしばで、であれば適当な独り言をブツクサ並べてもバチは当たらないだろうと言うことでとりあえずテキトーに。

最初のお題「靴下」

母親に聞いたところによると、私の幼少の砌、年から年中靴下を履いているので、足だけ日に焼けず真っ白だったそうである。

三つ子の魂百までよろしく、現在でも私は年から年中靴下を履いている。

今日も出掛けに靴下を履いていて、ふとした疑問が湧いて来たのである。

「まてよ、靴下を履いてから靴を履くんだよな。これって靴の上にあるんじゃねぇのか?」

なぜ「靴下」なのか。

モノの本、いやネットによれば「素肌から外に向かった位置関係では、靴下が靴よりも下に位置するため云々」・・・????。

そりゃ逆立ちでもすれば、靴は靴下の下にくるけれども、靴というのは地面を歩くものであって、通常の位置関係は、素肌→靴下→靴となるのであって、この解釈はオカシイ。

ただ一方、こういう説もある。「肌に近い方を下着と言うように、靴よりも肌に近いので、靴の下となった」 ウン、こちらの方が判りやすい。

同じ足に履くものとして、足袋があるのだけれども、こちらは足の袋。読んで字の如くで、我々のご先祖さまは、草履下とか鞋下と言う表現を使わなかったところを見ると、靴下は、下着を身につける習慣が出来た後の言葉だろうから、上の説明が正しいような気がする。

だとすれば、この靴下の名付け親殿はかなり苦労したのではないか。

西洋からもたらされた靴下は英語では「SOKS」。ソックスでも良かったのだろうが、メリヤスを莫大小と表記したくらいであるから、そこはニッポン人としての矜持が許さなかったのかも知れない。

何とか漢字での表現が出来ないか。靴下も袋であるから「足袋(あしぶくろ)」では足袋(たび)」と同じになってしまう。

素肌につける下着であるから「足着」ではどうか。

ところがドッコイ。我々ニッポン人は原則、上半身に身につけるモノは「着る」。下半身につけるモノは「履く」と表現するのであるから、「足に着る」と言うのはマズイ。足に履くので「足履」では直裁すぎてかつゴロも良くない。

と、あれこれ呻吟するうちに、靴に使う下着だから「靴下」でどうだっ!
てなところに落ち着いたのではなかろうか。

ここまで考えさせてくれた靴下の名付け親殿に座布団1枚。

因みに、ストッキングという靴下もあるのだが、モノのネットによれば、語源は「STOCK(木の枝)」で靴下を編む「編み棒」に由来する云々、とあるが私はチョット違うと思う。

ストッキングを履いた脚の、爪先から膝上・太股までの形が木の枝に似ているからでは?と思うのだが、如何。

ストッキングと聞けばハズしてはならないのがガーターベルト。(実際にはベルトは、外してなんぼの世界ではあるのだが・・・。)

あのマリリン・モンローも身につけていた、黒のストッキングとガーター。

ストッキングとベルトの間から垣間見る目にも眩しい白い素肌。

これを観音様と言わずして何と言おうか。
by go_st_andrews | 2015-02-26 20:30 | 独り言

みかん

a0248232_1516511.jpg

なかなか美味しそうなミカン。

本題に入る前に、本日はお天気も気が狂ったのではないかと云うくらい穏やかな2月の日曜日。

小樽のビュースポットのひとつである旭展望台までお散歩がてら。

小樽商業高校の向かい辺りに入り口の標識があって、入り口まで車で行けますが冬季間は通行止めです。
それでも、付近の方々は結構歩かれているようで、本日はツボ足でOK。

a0248232_1521933.jpg

本格的に歩くと塩谷までの遊歩道となってます。入り口から展望台まではほんの数百メーターくらいなので、今日は少し迂回して遊歩道を行くことに。

a0248232_15235512.jpg

林道にはクロカンのスキー跡が結構。探検隊の白旗山を思い出しますね。

a0248232_15254895.jpg

入り口から40分ほどで展望台に到着。先客はいらっしゃいませんね。

a0248232_15275396.jpg

気温はプラスの快晴。2月がこんな調子だと必ず3月にカタキ取られます。

a0248232_15313496.jpg

本日のお題はココ。「みかん」と云うラーメン屋さんなのです。カミさんが気になっていたお店で小樽ではワリと評判のお店です。初トライ。

a0248232_15345827.jpg

住所は新富町と云うところなんですが、奥沢十字街から少し札幌方面にある南樽市場の入り口近く。本日は市場がお休みで駐車場も空いてますけど、土曜日はかなり混雑してます。

a0248232_15423430.jpg

店内はそれほど広くありません。こじんまりとしてます。

a0248232_15434896.jpg

お品書きはラーメンだけ。ワタクシの好きなチャーハンすらありません。経験的にこういうお店はあんまりハズレないことが多いですね。

a0248232_15473223.jpg

お冷やはヤカンに入ってます。ちょっと凹んだりしていて可愛いミカンのヤカン。

a0248232_15493388.jpg

なかなかしっかり作ってます。シンプルイズベスト。

小樽はマチが小さいのもあってラーメン屋さんはそれほど多くはないのですが、食べ歩いた中では、ここが一番美味しいかも。
by go_st_andrews | 2015-02-22 16:04 | 日々の出来事

温度差20℃〜その2

a0248232_6192394.jpg

南国のお花。この花を見て歌手の「日野てる子」を思い出す人はかなりの通。(単に古いだけかも)

a0248232_6265293.jpg

しっかり桜も咲いてます。

a0248232_6252093.jpg

この状態は北海道で云えば6月頃ですかね。

a0248232_629516.jpg

これで杉の木なんだそうです。

a0248232_844351.jpg

そこそこガンバリました。

a0248232_631727.jpg

行きがけの駄賃で、沖縄の最高?のパワースポットなんぞへ。

斎場御嶽」なかなか読めませんね。

a0248232_811473.jpg

ここでお祈りをします。イッパンの人は上がれません。

私見ですけど。

沖縄の人って北海道のアイヌの人たちと似ている印象があります。服の文様なんかもそっくりだし。

日本に居た縄文人、つまりニッポンの先住民族は、おそらくこの琉球の人たちとアイヌ民族だったのかもね。

ここでは、岩や木々、草花に神が宿るという八百万信仰だそうで、現在のニッポン人の信仰のルーツのようでもあります。

a0248232_8294478.jpg

南城市のがんじゅう駅から往復で小一時間くらい。なかなか見ごたえのあるスポットでした。

それにしてもニッポンの国土は狭いようで広いですね。

こちらはお花満開。おウチに帰れば氷の世界。
by go_st_andrews | 2015-02-15 08:58 | 日々の出来事

温度差20℃

a0248232_20255430.jpg

こういう表示のある空港ってそうそうザラにはありません。

a0248232_20253333.jpg

お手洗いの蛇口もしっかりシーサーです。

a0248232_20301669.jpg

とんと見かけなくなった2千円札でお目にかかれます。世界遺産ですけど復刻版ですね。

a0248232_20322619.jpg

居酒屋で注文した「グルクン」とやらの唐揚げ。熱帯のお魚はややクセがあります。

夜でも気温は18度ほど。氷点下の北海道とは温度差20℃、いやそれ以上かも。

ワタクシにはポロシャツ一枚でちょうど良いくらいでしたけど、居酒屋のおネェさんに聞いたら、「今日は、チョー寒い」のだそうで。

氷点下のホッカイドーに遊びに来たらー、と言ったら、「ずぇったい、無理」と云われました。

気温がマイナス、なんてことはこの国ではありえへん世界のようです。

(続く~)
by go_st_andrews | 2015-02-12 20:42 | 日々の出来事

ある日のワタシ

a0248232_1764732.jpg

ホニャっ?

a0248232_178377.jpg

ハニャっ?

a0248232_1792045.jpg

ドドーン。

a0248232_171084.jpg

アラヨッと。

a0248232_17105827.jpg

メタボで悪いかよぅ。
by go_st_andrews | 2015-02-08 17:11 | 日々の出来事

イージス艦とぱんぢゅう

なんでも、小樽の港にアメリカのイージス艦とやらが寄港したんだとか。

こういうのはニュースになるのです。色んな意見の方がいらっしゃいますので。

ワタクシは完全に日和見で、プラモでしか見たことがない軍艦なら、これは見なけりゃソンソン、と云うことで早速港へ。

a0248232_20124510.jpg

自宅からテクテク歩いて港まで来ました。

あれま。ネットでは勝納(かつない)埠頭に停泊と書いてあったんだけど、居ませんね。

さては、プカプカ浮きながら移動したのかいね、と云うことで中央埠頭まで、は良いんだけどこれが結構距離があるのです。自宅からここまで小一時間。

この時期、埠頭の岸壁は立ち入り禁止になっていて、一旦臨港線まで戻らなきゃならないのです。

a0248232_20173844.jpg

天狗山も綺麗に晴れております。

a0248232_20174689.jpg

フェリー乗り場の手前から覗いてみると・・・。

おーぅ。あれがミサイル迎撃システムを搭載しているとやらのイージス艦。あんまし大きくないね。

a0248232_20221369.jpg

勝納埠頭から戻ること30分。岸壁までは立ち入り禁止。お巡りさんがしっかりガードしております。

門の前で「入れてくんない?」なんて言ってるヒトもいましたけど、ニッポンのお巡りさんはそれほど甘くはないのでした。

a0248232_20244148.jpg

レーダーを搭載している心臓部?

a0248232_20253251.jpg

水兵さんが一人。お留守番ですかね。

a0248232_20262528.jpg

これなら高島港あたりから望遠で狙った方が良かったかも。

その昔、小樽にも空母が寄港したこともありまして、その時は「核」の持ち込み云々で議論になったんですけどね、思い出すのは総理大臣が佐藤A作さんとやらの時代、沖縄が返還されたのですが。

沖縄返還の条件に対するこの方の国会答弁、今でも覚えてます。「核抜き本土並み」

でもねー、密約もあったんですよねぇー。

a0248232_2040585.jpg

写真撮影はやや消化不良ではあったんだけど、2時間近く歩いてたのでなんとなく小腹が空いて、こだわりの西川ぱんぢゅう店へ。3ヶ240円ナリ。

たった3個買っても、ちゃんと薄皮に包んでくれます。この薄皮が熱いぱんぢゅうの湯気を吸収してカリカリの表面が柔らかくなるのを防ぐのですね。

今時、薄皮を使っている店なんぞありますかね。紙の袋よりはるかに高いはず。

オヤジさんは頑固だけど、こういうところはお客様志向と云うか気配りがしっかり効いてます。

a0248232_20453363.jpg

このお店の奥がイートインになってまして。昔のまんまだけどレトロ過ぎるかも。

「ぱんじゅう」ではなくて「ぱんぢゅう」なのですね。

a0248232_20471297.jpg

ヨークマツザカヤねぇ。39回雪まつりと云うことは27年前ですか。

「俺と親父で50年」が口癖のオヤジさん。これは、きっとオヤジさんのお父さんが作ったものかもね。
捨てられないんだろうなぁ。

a0248232_2051101.jpg

判りますか?この皮の薄さ。お腹一杯のアンコ。

オヤジさんの焼きの技術が神業の域に達して来てますね。

他で売ってるぱんじゅうを「あんなもの、ぱんぢゅうじゃネェッ!」と言い放つオヤジさん。

そうでしょう、そうでしょう。味もさることながら、このカリッ・サクッと云う食感はここでしか味わえません。

ただね、このぱんぢゅうを焼いている銅板は、これを作る職人さんがもう居ないのだそうで、壊れたらこのぱんぢゅうは二度と作れないのだそうです。

あぁ・・・。限りあるのがこの世の常ではあるけれど、出来るだけ永く焼いてよねオヤジさん。

(2月8日写真追加)
a0248232_16393268.jpg

埠頭の反対方向からなら軍艦がもう少し見やすいかも、と云うことで色内埠頭公園まで。

朝焼けておりますね。Made in USAのイージス艦が静かに佇んでおります。

a0248232_16424679.jpg

日本にも実戦配備されているようだけど、お船一隻のお値段は1,200億円とか。どうか宝の持ち腐れで終わって欲しいですね。
by go_st_andrews | 2015-02-07 21:16 | 日々の出来事

骨董市

a0248232_616287.jpg

年代モノ。あと20年もすればお宝鑑定団に出せるかも。でも、ネットで見たら5,000円行くか行かないか程度で、モノによっては1,000円とかでお宝にはほど遠いか。

第二世代 iMac G3 Indigo Blue。

パソコンとしてのスペックは現在ではオモチャンコ見たいなものだけど、デザインの古さはあまり感じませんね。

a0248232_633239.jpg

スマートな流線型。

a0248232_6342330.jpg

このムチッとしたお尻。ンー、美しい。

平成10年頃でしたかね、電気屋さんでこのマックを並べて音をガンガン鳴らしながら売ってたのは。

a0248232_8301728.jpg
(出展:wired.jp)
このポスターは刺激的でした。

パソコンと云うよりインテリア家電のような感じで、みんな立ち止まって見てましたねー。

ボンダイ? インディゴ? なんじゃそりゃ? ボンダイブルーにインディゴブルーとかでお色のことだったのですね。この辺りのネーミングも斬新でした。

当時のAppleは、「Macintosh」と云うパソコンを売り出していて、業績も鳴かず飛ばずで、どちらかと言えばマニアックな世界の方々に細々と売っていたような状態。

確かに、DTPとか画像処理をする人々には、「いやぁ、パソコンはやっぱマックですよ」と言わしめていたんだけど、一般家庭でマックを使ってるのは一部のマニアだけ、なんて位置づけだったと思うけど。

ところが、ドッコイ。この「iMac」の発売が、それまで無味乾燥な箱型の作業機械でしかなかったパソコンが、「可愛い」とか「カッコ良い」と云うアイテムに生まれ変わって、パソコンを「楽しむ」と云う世界が作り出されたのです。

現在のAppleの企業価値は、このiMacによって生まれたと云っても過言ではないのです。

当時の発売価格は17万円ほど。決してお安いモノではなかったのですが飛ぶように売れたのだとか。

ワタクシは、その当時マイクロソフトの策略にまんまと乗せられて、Dos/Vマシンを組み立ててはバラし、プラモデルのように扱っておりました。このMacも中古で安く出回るようになってから買い求めたものなのです。

a0248232_13391218.jpg

一世を風靡したと云われているグロゲーの雄、bad mojo。ゴキブリが排水管を歩き回るやつ。

a0248232_13412651.jpg

骨董パソコンではちゃんと動きます。

a0248232_1342714.jpg

PCゲームのアカデミー賞と云われた(云われてないか)謎解きゲームのMyst。

a0248232_13435538.jpg

グラフィックがイマイチだけど、十分楽しめます。

アタマも体もそろそろ骨董入りしそうなワタクシにはちょうど良い遊び相手なのです。
by go_st_andrews | 2015-02-01 13:48 | 日々の出来事

ゴルフの聖地St.Andrewsでプレーするのを夢見るぐうたら人間のブログ


by harimao
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28