ひねもすのたりの日常&時々非日常

harimao.exblog.jp ブログトップ

<   2012年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧

夢のセント・アンドルーズ

あぁ、一度でいいからセントアンドルーズでゴルフやりてぇなぁ。

それを聞いていたカミさん。
「そこって、そんなに良いコースなの?」
「てゆうか、イギリスにあるこのコースはゴルフ発祥の地で、聖地とも言われておるのですよ。」
「ふーん、アラビアのメッカ見たいなもんだね。」
「・・・・。ちょっと雰囲気違うかもだけど、あの自然そのままに近いコースを見れば、厳かな気分になるのかもなぁ。と云うことはゴルファーの巡礼見たいなものかも。」

そんな話しをしてたら、カミさんが見つけてきました。セント・アンドルーズでのゴルフ三昧。

・セントアンドリュース・オールドコースでの1ラウンド保証
・キングスバーンズまたはカーヌステイで1ラウンド
・セントアンドリュース・ニューコースまたはジュビリーコースまたはキャッスルコース(11,000円の追加)で1ラウンドの合計3ラウンド(キャディフィ別)
・フェアモント・セントアンドリュース宿泊
・朝食3回、昼食3回(ドリンクは別料金)、夕食1回(ドリンクは別料金)付き
・ゴルフプレー日のホテル‐ゴルフ場間の往復送迎付き
・オールドコース1番ティにて記念グループ写真
・オールドコースエクスペリエンス スーベニアグッズ
・滞在中の英語アシスタント

オールドコースでのプレーにはハンディキャップ証明書(日本語可)の提示が必要なんだそうで。男性24/女性36以内。要は、ゴルフ経験の無い人は来ないでちょうだい、と云うことですね。

これで、航空券別で約40万円ナリ。スコットランドでの滞在は3日間だから旅行としてはとんでもなく高い。

まぁ、世界のゴルファーが一度は行きたいと思っているコースだから、その人気にあやかって価格が上がるんだろうけどね。航空券入れると50万円以上かな。

プレー代だけで見るとキャディフィーを入れても150ポンドくらいだそうだから20,000円弱。3回ラウンドして60,000円。ホテル・食事代・手数料として業者に払うのが34万円かぁ。

人気の高いオールドコースのラウンド保証と云うのがウリなんだろうけど、それにしても高いわね。

こんなの見ると、自分の夢にしているのが、なんだかなぁ、と云う感じがしないでもないけど。

現地に直接云って、そこでキャンセルを待つ、と云う手もあるようだからイチかバチかで行ってみるのも面白いかもね。

プロがあれだけ苦労するコースだから、ワタシらが云ってもコタコタになって帰って来るのは目に見えているんだけど。

よしっ!80切れたらご褒美で行く。ずぇったいに行く!それまで円高でありますように・・・。
[PR]
by go_st_andrews | 2012-09-28 06:04 | 日々の出来事

勉強不足

a0248232_1715201.jpg

9月21日北海道新聞朝刊

世の中に「国語世論調査」なるものがあるんですね。

道新に文化庁の調査の一部が載っておりました。

その言葉の意味なんだけど、「失笑する」の意味が「こらえ切れず吹き出して笑う」となっておるんですが、最近の使い方はちょっと違うのではないでせうか。

新聞なんかでこの言葉が出てくるのは「失笑を買う」と云う使い方が多いのです。

つまり、役人とか政治家・タレントなどが記者会見や取材のときに、とんちんかんな受け答えやつまんないギャグを飛ばして「失笑を買う」と云う使い方なのです。

「こらえ切れず吹き出して笑う」と云うのは「可笑しくて笑う」のであって、最近の使い方は「あきれて鼻先で笑われる」ような意味合いではないのかと。「ハハン、阿保かいな」見たいな感じだと思うんだけど。

「割愛する」は「惜しいと思うものを手放す」となってるけど、これこそ最近では「不必要なものを切り捨てる」に近い意味で使われていると思いますけど。

「えー、それではこの部分は余り重要ではないので説明を割愛させていただきます。」と云う感じですかね。

記事の解説をしている大学の教授先生は「言葉は時代背景によって変化する」と書いてますけどそのとおりではないのかと。

それでもなぁ、漢字が書けなくなって来たのも事実だし、「割愛する」の本来の意味も知らなかったからやっぱり勉強不足なんだわなぁ。

と、云うことで早速本屋さん行って買って来ました。

a0248232_17494898.jpg

日本語ドリル1000とやら。980円ナリ。

なかなか優れものですよこの本。

知らなかったり間違って覚えていた日本語がゴロゴロ出てきて、「へぇー」とか「ほー」とか連発しっぱなしですから。目からウロコ状態。

例えば、「最後の追い込み」なんてのは、「追い込み」だけでよろしいのだそうで。最後の段階で頑張るのが「追い込み」なんだそうでございます。「遺産を残す」は正確には「財産を残す」だそうで。「遺」と云う漢字に「残」の意味があるのだそうです。こんなのが判ったら面白いかもね。

あー、NHKのアナウンサーの奴、間違ってやんのなんて云って見たいもんだわ。
[PR]
by go_st_andrews | 2012-09-26 07:14 | 日々の出来事

続々・フィジーな日々

カミさんがフィジーから帰って参りました。

フィジーのホテル(カミさん曰く掘っ立て小屋に近い)を朝7時に出てインチョン経由で千歳に着いたのが午後9時過ぎ。

まぁ、遊びに行ったんだから疲れるのは仕方ないけど、お疲れさまでしたね。

しかし、日本に24時間運用の空港がないのはなぜでせうか。

韓国のインチョンやドバイ、タイのスワンナプーム、ぜーんぶ24時間。世界から観光客を呼び込むには必要だと思うんだけど。

日本の海外ツァーは、インチョン乗換えって言うのが圧倒的に多いんですよ。

24時間だから、何時についても店が空いてるし待ち時間がかなりあってもそれほど退屈しなくて済むのです。

その昔、新千歳空港をハブ化する計画があったそうだけど、飛行機の発着の騒音がネックになって実現しなかったとか。お隣のインチョンに完全に先を越された感じだわね。

空港だけでなくて、最近はスマホもテレビも先を越されっぱなしだもんなぁ。

a0248232_13253276.jpg

そんなハナシは置いといて。

カミさんが持ってきた現地のお土産です。

海岸に落ちていたサンゴだそうで。ワタクシ生まれて初めてサンゴ触りました。

死んでるんだろうけどかなりカチカチ。カルシウムが硬化した感じです。重さもそこそこあります。

a0248232_13291057.jpg

同じく巻貝の抜け殻。タワシで一所懸命汚れを取りました。名称不明。

どちらもオブジェとしてはまずまず。

a0248232_13365424.jpg

なんじゃこりゃ?

素材が現地で取れるカバの木で出来てるそうで、よく見るとその儀式に使う器に似てます。

これで禁煙していなければ即灰皿でした。

a0248232_1344063.jpg

中身はチョコレート。「bula」とは現地語で「こんにちは」だそうで。

そう云えばカミさん面白いこと言ってたな。

現地の人が何かを貸して欲しい時には「ケレ・ケレ」と云うのだそうで。

貸すと戻ってこないそうだから、日本語の「クレ(頂戴)」と同義ではないのかと。

英会話学校には日本人がゴロゴロしていて、食事の時とかの授業時間以外はどうしても日本人同士でタムロするから、あんまり英語の勉強にはならなかったそうで。

カミさんのフィジーな日々無事終了です。
[PR]
by go_st_andrews | 2012-09-24 14:01 | 日々の出来事

続・フィジーな日々

カミさんがフィジーに羽を伸ばしにいってからほぼ1週間。

極東アジアでは大陸の人民がエライ騒ぎで・・・。

遠く離れたメラネシア諸島ではどこ吹く風で・・・。

あれだけの騒ぎを全然知らないらしいから世界は広いよね。フィジーのニュースではやってないようで、新聞ではどうなのか、載っていても読めないから判らんか・・・。

a0248232_1610932.jpg

早速ダイビングですか。おサカナにパンをやってるところだそうで。

a0248232_16112392.jpg

遊んだ後はサンセットを眺めながら夕食でしょうかね。

a0248232_16121726.jpg

ホテルで頼んだワンプレートのメニューだそうで。

熱帯らしい大雑把な食べ物ですね。あんまし食欲がそそられないけど、案外旨いのかも。

余談ですけど、こういうの見るとニッポンの食べ物がいかに繊細で美しいか判りますねぇー。まぁ文化の違いではある。

a0248232_16205335.jpg

ホテルの周りは巨大なヒキガエルだらけでゲコゲコうるさいんだと。

ちょっと大きさがわからんね。マイルドセブンとか置いてもらうとよかったんだけど、タバコ吸わないもんね。

今週から本格的な英語学習がスタートするとかで、頑張って頂戴ね。
[PR]
by go_st_andrews | 2012-09-18 16:23 | 日々の出来事

おぶじぇ

a0248232_8551964.jpg

とある道央の国道を走っておりましたら、こんなもんが目に入りました。

北海道名物、クマさんです。正確には羆(ヒグマ)さんですね。

最近はあんまりメジャーではなくなりましたけど、このクマさんの置物とかお面とかが置いてあるオウチが結構ありました。

その昔、木彫りのクマさんが北海道のお土産の主流だった時代もあったようです。

ニポポとかもあったな。最近はフクロウとかかな。それにしても、このウィキのニポポはちょっとリアル過ぎるね。もうちょっと可愛いニポポを載せた方がよろしいかと。もともと「小さな木の子供」と云う意味らしいから。

それはそれとして、このクマさんなんですが。

a0248232_962755.jpg

こんな状態です。

ちょっと大きすぎない?下の自販機と比べて見て下さいよ。

とにかく目立つから集客効果はよろしいんでしょうけどねぇ。海産物屋さんです。

その昔函館で、店の前に大きなクマの置物飾ったら、周辺の方々から景観を損なうとの苦情がでて、結局撤去してましたけど。

ここはそういう心配ないんだね。周りの景観ってなんにも無さそうだから。

特産物のたらこ買って帰ってきました。スーパーで買うよりかなり安かったです。
[PR]
by go_st_andrews | 2012-09-15 09:17 | 日々の出来事

フィジーな日々

今日はカミさんがフィジーに旅立つ日なのであります。

a0248232_1571074.jpg

この旅行のことをカミさんが言い出したのは3ヶ月ほど前。

「ねぇ、フィジーって知ってる?」
「あぁ、電気釜だろ。象印とかの。」
「それは、ファジィっ!」
「オーストラリアの近くにある島なんだけど、9月に行こうと思ってさぁ。」
「ゴーギャンの絵見たいな島だな。」
「あれはタヒチっ!」

どっちにしろ、ポリネシアorメラネシア諸島の一部ではございますが。

南の果ての絶海の孤島とはいかないまでも、ずいぶん遠いところまで行くのね、と云う感じでした。

聞くところによると、1週間くらいオール英語の会話が強制される短期語学留学なんだそうで。

英語勉強するなら赤ウサギの駅前留学でも良いような気もするけど。

数日前からルンルンランランで。でも、まぁ勉強しようと云うココロザシはよろしいかと。

しかし、実のところは、南国のリゾートで目いっぱい羽を伸ばしてくるようで、良いもんですねぇー。

なぜこうも女性はリゾートが好きなのでせうか。

旅行会社のパンフなんかでも、グアムとかバリとかプーケットとか、大体は女性向けにアレンジされていたりして、カウンターに来てるお客さんも圧倒的に女性が多いような。

燦燦と降り注ぐ太陽に白い砂浜とブルーラグーン・・・・。

絵になるのはトロピカルカクテルと日焼けした素肌をさらすビキニ姿のお姉さまたち。

ステテコのおとっつあんには近寄りがたいものがあります。

日焼け止めを塗って差し上げるバイトでもないかしら。

それにしても、フィジー政府観光局のHPは日本語だもんねぇ。

ニッポンの縄文式土器がポリネシア諸島で発見されているらしいから、大昔から交流はあったのかも。

折角の非日常だから、なんか新しい発見をしてくることだね。いってらっせぇませ。

a0248232_1575222.jpg

新千歳空港もちょっと見ないうちに変わりましたね。こんなもんが出来てます。

a0248232_1584122.jpg

こんなもんも売ってました。1個250円はちょっとお高いんでない。

空港での待ち時間があるときは退屈しなくて良いかもね。
[PR]
by go_st_andrews | 2012-09-13 15:18 | 日々の出来事

ここまでやらんでも

世にもフシギな、と云うかここまでやらんでも、と云うか、はては超常現象とでも云うか。

とてつもないヘンテコなものがワタクシの手元にある(あった)のです。

a0248232_935322.jpg

ワタクシの畑で採れたニンジンなのです。(現物はなく写真のみであります。)

数年前まで自宅の猫ヒタイ庭で家庭菜園を細々とやっておりましたのです。

ジャガイモ、トマト、キューリ、ニンジン、ピーマン等々、そこそこ実入りがございました。

野菜も生き物でして、巧く育てると云うか、きっちり収穫するのは結構ムズいものでして、それなりにテクが必要です。

ニンジンは畝にスジ蒔きする時に、種がとても小さいのでどうしても重なってしまいます。そこでモソモソと重なって生えてきた芽を間引きしないと大きなニンジンにならないのですね。

これは、間引きが巧くいかなくて芽がいくつか重なったモノなんだろうと思いますけど・・・・・。

それにしても、こんなエロい形にならんでも・・・・。

作者がエロいから作品も似てしまったのかも・・・。

ご立派だこと・・・・。

ここは似てない・・・・。

先っちょに雫までついてるようで・・・・。

・・・・・・・。

植えたのは五寸人参なんだけど、10センチくらいでした。

さすがに食べるわけにもいかず、しばらく飾っておりましたら乾燥して萎んでしまいました。

自然は人知を超えております。
[PR]
by go_st_andrews | 2012-09-12 09:33 | 日々の出来事

おっさんプリン

今日、北区方面に車を走らせていてなにげに目についた看板、と云うかお店のポスター。

a0248232_2116389.jpg

ふーん、「おっさんプリン」ね。

何がおっさんなんだべか。

こういうやじ馬根性が抜けなくて困っているのですね。ワタクシとしては。

ついつい、車を降りて店の中に入ってしまいました。

やじ馬ではあるものの、ワタクシと同世代のおっさんと云うキャラが、この店でどのように扱われているのか解明しなければならないのです。

店内に入ると正面のショーケースの中に「おっさんプリン」なるものがズラリと並んでいました。

ははん、これかいな。

「んちゃ。」
「いらっしゃいませー。」
「あの、このおっさんプリンて、何がおっさんなの?」
「・・・・おっさんが作ってるんですう。」
「・・・・・・・・・・。」
「今、ブレイクちゅうなんですう。」

しばくぞ、こら。面白くもなんともないだろがっ!

お菓子作りン十年の職人が作るこだわりのプリンとかじゃないのかよ。

店内にはほかにも「おっさんドーナツ」やら何種類かあったようだけど。お菓子の職人さんがおっさんと云うだけのオチでした。

a0248232_2144470.jpg

1個200円ナリ。世の中には1個5,000円のプリンもあるとかだから、まぁ許せるお値段ではある。

お味の方はどうよ、と云うことで。

最近、見かけないけどハウスで出していた牛乳入れて冷蔵庫で冷やして作るあのプリンの味だわね。

まぁ、あっさりしていてそれなりだけど、ブレイクしているのかどうかはちょっと。

お店のウリはスイートポテトのようで、こちらはそこそこ有名見たいね。札幌 スイートポテトで検索するとお店に会えるかも。
[PR]
by go_st_andrews | 2012-09-10 21:55 | 日々の出来事

参ったね

ワタクシの日常は、平日仕事をして土日に休んで・・・と云う繰り返しです。(タマに土曜日仕事します。)

ワタクシが仕事を始めた頃は完全週休2日制じゃなくて、土曜日半ドンでしたけど、数年して週休2日制になりました。(死語に近いので解説して見ました。)

年間52週として土日のお休みが年間104日。勤めて30ン年だから・・・。なんとなんと、土日のお休みだけで10年近くもあったのです。

こういう計算を週休2日制が導入された時にすばやく計算して、ココロザシを立てれば大したものだったんでしょうけど、ぐうたら人間にはちょっと無理。

これをなぁ、遊びホロけてないで資格とかとる勉強でもしていたら、違っていただろうなぁ・・・とは良く言うものの、仕方ないのです。過ぎ去った過去は戻ってこないのです。あとは、前向きに生きていくしかないのです。

ワタクシ、一時期本州に勤務していたことがありまして、千葉県から東京都内まで毎日通っておりました。

通勤時間は約1時間。割と恵まれていた方でしたかも。

お取引先の方なんかに聞くと、茨城あたりからの通勤はザラで新興住宅街なんかに家でも建てようものなら通勤時間は片道で2時間半とか。

仮に2時間半の通勤時間を30年続けたとすると、週休2日104日と年間の祝日が15日で119日。お盆休みとか正月休みを10日。有給休暇を年間10日とるとして、お休みの合計が約140日。勤務日数が225日。

通勤時間が一日5時間x225日x30年=33,750時間÷24=1,406日÷365=3.8年。

これが地方で仕事をして通勤時間が30分の人なら、同じ計算で30年の合計が281日。約5倍ですね。

働く場所によって使える時間がかくも違うのです。でも、東京のサラリーマン諸氏は自分一人で使える時間がこんなにあるんだから、贅沢と云えば贅沢。でも過酷。

まぁ、そんな話はどーでも良いとして、土日はワタクシ遊びホロけております。その最大の楽しみが今のところはゴルフに山。

明日の日曜日も、我が探検隊のセミプロメンバーに道北のお山に連れて行って貰う予定でありました。

ところが数日前から右足のカカトに痛みが走るようになりまして、整形外科に駆け込んでみると下された診断が足底筋膜炎とやら。

「センセー、これって治るんすかね?」
「治るってアアタ、筋肉の疲労だから安静にしてゴルフとか登山とかしなけりゃ炎症は治まるヨ」
「つぅことは、ゴルフとか登山したらまた痛くなるって云うことすかね。」
「そりゃぁ、まぁ、何とも云えんけど筋肉が疲労したら痛くなることはあるわね。」
「へぇ、へぇ。つぅことは治らん、と云うことすかね。」
「まぁ、年齢とかその人の体質とかもあるからねぇ。何とも云えんわねぇ。ま、薬出しとくから一週間して痛みが取れないようならまたおいで。痛いとこに直接注射するから。」

簡単なもんだよねー。この程度の見立てならシロートでも出来るわ。

a0248232_7364417.jpg


参ったね。なんかポンコツ状態。

ゴルフはカートでゆるゆると回ればなんとかなるけど、登山はちょっとキツいかも。

タバコ止めて少し太ったからなぁ。利き足に少し負担がかかるんだろうなぁ。これは痩せるしかないかも。
[PR]
by go_st_andrews | 2012-09-08 07:29 | 日々の出来事

お大事にどーぞぉー

人間も道具とオンナジで長く使ってると、あちこちガタが来るもので。

最近、少し胸焼けをする様になったので、とある胃腸科へgo。

札幌市内の中心部にある内視鏡診断ではそこそこ有名なところで。

かなり以前に、健康診断のバリウムで引っかかって胃カメラ飲んでから2回めの訪問と相成りました。

ちゃんとカルテがあって、「〇〇さん、平成7年に来られてますねー。」

「そうすかぁ、17年ぶりだったすかねー。」なんて会話を看護師さんと。

ここの胃カメラは予約ナシで受付順。朝イチで行ったんだけど先客が7人ほど。

a0248232_1635138.jpg

待合室で履いているスリッパにふと眼をやると。

ふーん。腹黒い奴の胃袋は黒いのかしら。

a0248232_16362380.jpg

夢は夜開く、とは行ったもんだけど、カイヨーは寝ているときに出来るんだそうです。

コピーとしては面白いけど、これ見て待合で心配になる人も結構いたりして。

順番で呼ばれて、何やら注射を一本打たれたあとはお決まりの喉の麻酔。

20分ほどで診察台へ。胃カメラが喉を通過すればあとはお任せで10分ほどで終了です。

診断の結果は「逆流性食道炎」でございました。ごく初期のもので「まぁ症状が出たときにクスリを飲む程度でよろしいです。」とのことで開放されました。

会計を済ませて「どーもー」と云うと、受付嬢さんは「お大事にどーぞぉー」

別に貴女に心配してもらう必要は無いけど、なんかココロに響かないんだよね、事務的で。

これって、日本全国の病院の共通語だね。受付でマニュアル化されてるなきっと。

医は仁術なりで金儲けでやってる訳じゃないから、「ありがとう」とはならないと云うことですかね。

診てあげて処方して具合が良くなったら、お礼を言うのはあなた達患者さんの方でしょ、なんて。

そうは云っても、金持ちに医者が多いのも事実だわね。
[PR]
by go_st_andrews | 2012-09-05 17:10 | 日々の出来事

ゴルフの聖地St.Andrewsでプレーするのを夢見るぐうたら人間のブログ


by harimao
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30