ひねもすのたりの日常&時々非日常

harimao.exblog.jp ブログトップ

<   2012年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧

白菜は悪くない

a0248232_15225431.jpg

(8月29日北海道新聞掲載記事)
わがマチ札幌で物議を醸しているO-157とやら。亡くなられた方には本当にお気の毒だと思うけど・・・。

漬物好きのワタクシにとっては看過出来ない事件でもあるのです。

もともと、漬物は古来から日本の各家庭の保存食として作られて来たと云う歴史がございます。

日本は四方を海に囲まれていて塩の入手が簡単だったので漬物はかなり古い時代から存在していたそうで。

梅干を代表格にして、日本各地で特色ある漬物が数多く作られており、わがニッポンは漬物文化の国であると云っても過言ではないと思うわけです。

そんな漬物大国ニッポンで発生したO-157騒ぎ。相当なショックです。

ワタクシは浅漬けも作るし、数ヶ月寝かせる漬物も作るんですが、それこそ野菜は白菜、キューリ、大根、ナス、セロリ、キャベツなどなど。

梅干こそ焼酎を使って、消毒とまでは行かないまでもカビ防止程度のことはするんだけど、他の野菜は水洗いだけ。どこの世界に、野菜を塩素消毒して漬物を作る家があるのかい、どだい、塩素なんてものが無いし、キッチンハイターで洗えってか?と云う感じなのです。

まぁ、各ご家庭で消毒をしましょう、とまでは行ってないのだけど、可哀想なのは業者さん達ですよ。

困っちゃうのは、「専門家」と称する方たちの薀蓄で。そりゃあ、食品製造の専門家から見れば、素材や製品・設備の殺菌は当たり前だろうけど、こと漬物に限っては作る方にも食べる方にも野菜の「塩素消毒」なんてのはかなり抵抗があることが判ってないんだろうかね。

行政指導もあるし、人様の口に入るものを作る側としてはいたし方ないんだろうけどねぇ。

もちろん、我が家では決して塩素に漬けた野菜なんぞで漬物は作りませんけど、こうなると自家製の漬物を人様に差し上げる、と云うのも考えなきゃならないかなぁ。
[PR]
by go_st_andrews | 2012-08-29 15:33 | 日々の出来事

遠い記憶

a0248232_15502789.jpg

この住所。ワタクシが生まれたところなのです。

当時は札幌市も区制なんぞありませんでしたから、札幌市南1条西13丁目。

a0248232_15572277.jpg

この通りがワタクシの生活道路。およそ100mだけど、子供にはずいぶん広く長く感じたものです。

当時の建物で現存してるのは、左手前の茶色い建物だけかな。外壁を直していると思いますけど、この建物には日本アスベスト(現在のニチアス)と云う会社が入ってました。

道路の真ん中あたり右側には、矢崎総業と云う会社があって、プラスティック製品の販売をしてました。

当時はクルマがほとんど通らなかったですから、道路で野球なんかして遊んでました。

冬になると道路脇には大きな雪山が出来てスキー場に早変わり。当時は除雪なんかなかったのです。

a0248232_16505220.jpg

辺りはほとんど高層マンションに変わって、唯一ある一戸建て住宅。ワタクシの家の大家さんが住んでいた場所です。建物も変わり表札も変わっていました。

この裏手に二軒長屋があってワタクシが住んでおりましたのです。

a0248232_16534232.jpg

駐車場の奥に住宅があったんですけどね。跡形もありません。

a0248232_1655596.jpg

住宅のすぐ裏手が電車通りでした。電車のゴロンゴロンと云うレールの音が目覚まし時計でした。

この近くには日糧パンもありました。火事で焼けて今の月寒の方に移転していったと思います。

角の建物の中小路を少し行くと銭湯があって。オヤジと行けばフルーツ牛乳が飲めました。完璧にALWAYS 3丁目の夕日の世界でした。

a0248232_178039.jpg

電車通り沿線のほとんどの商店が移転したり廃業しているなかで、このクスリ屋さんは当時からあったのです。ドラッグストア全盛時代に生き残って来たのはご立派!。息子が同級生だったから、ちゃんと薬剤師の資格とって跡を継いだのかね。あるいは薬剤師を嫁さんに貰ったのかもな。

今でこそ都心の一等地ですけどね、当時は平屋の住宅が軒を連ねるフツーの住宅街だったのです。

ビルディングなどと云うものは街の中心部にしかなかったのです。

ケータイもパソコンも無い時代だったけど平和な時代だったなぁ。

月光仮面七色仮面少年ジェットまぼろし探偵ジャガーの眼怪傑ハリマオ8823海底人少年ケニヤダッコちゃんフラフープ銀玉鉄砲・・・すべてはこの時代でした。
[PR]
by go_st_andrews | 2012-08-24 07:22 | 日々の出来事

レンズ遊び

その昔、ワタクシはカメラ小僧でありました。

小学校の2年生くらいからオモチャのカメラを持って遊んでました。当時は500円で「エボニー」と云うトイカメラが買えました。

フィルムは確かボルタ版とか言う特殊なやつで、カメラの窓を見ながら一枚づつ巻き上げる方式で、シャッター、絞りは固定でした。ただ、フィルム代と現像するお金がなくて、盆と正月くらいしか使えなかったような。

その後、中学生になってからは「フジペット」を購入。2,000円くらいだったような。この機種も手巻き方式で、ほぼトイカメラの域を出ていませんでしたが、その後に買った「リコーオートハーフ」は本格的なコンパクトカメラでした。

自動巻上げ(ゼンマイ)方式の35mmフィルム使用。初めての本格的なカメラを手にしたときの興奮は今でも覚えてるなぁ。でも、どうやって買ったんだろう。恐らく10,000円以上はしたはずだから。

36枚取りのフィルムで72枚取れると云う優れものでした。原理は35mmのコマを半分にして写すと言ういたって簡単なもので、バチバチ写していると、「フィルム入ってんのかよ」と云われたもんです。

高校になってからは、ペンタックスの一眼レフ。これは毎日毎日カタログを飽きもせず見ていたら、オヤジが根負けして、中川ライター店で中古で20,000円で買ってくれたもの。自分はキャノンのコンパクトを使いながら息子には一眼レフを持たせてくれた話のわかるオヤジでした。(ナマンダブナマンダブ)

最近はどうよ、と云うことでちょっとお遊び。

a0248232_1453284.jpg

a0248232_14534511.jpg

a0248232_14535921.jpg

a0248232_14541718.jpg

a0248232_145429100.jpg

a0248232_14544222.jpg

a0248232_14545569.jpg


コンデジの下の9mmはちょっと凄いかも。

グランドキャニオンあたりで使うと迫力ある写真とれるんだろうけどなぁ。

そこまで行く旅費を稼がないとね。ゴルフ止めないと無理かも。
[PR]
by go_st_andrews | 2012-08-22 07:04 | 日々の出来事

ダイナスティゴルフクラブコース攻略

勝手なノーガキばっかり書いているので、少しは巷のお役に立つようなことでも書かねば、と殊勝なことを考えたのは良いけど、書くことが見当たりまへん。無芸大食人畜無害を自認していると云うのはこういうことなのです。

まぁ、それでも一番入れ込んでいるゴルフなら、ちょっとはお知らせ出来そうなこともあるかも、と云うことでワタクシのホームグラウンドである、北広島にあるダイナスティゴルフクラブの攻略法なんぞを載せてみます。クラブのHPにも載ってますから、大したお役には立たないかもだけど。

このゴルフ場は、スキー場に作られているので基本はややアップダウンのある山岳コースです。その昔は後楽園カントリークラブと云ってましたけど、現在の名前に変わったのは去年です。

コースは、ライラック、しらかば、アカシヤの27ホールですが、アカシヤの9ホールは後楽園時代にセルフ専用のコースとして作られたホールで、9ホールを2回ラウンドしてました。トリッキーなコースだけどライラック、しらかばと比べると少し狭いですね。

a0248232_1012982.jpg

本日は、ライラック、しらかばコース。まず、ライラックの1番から。400ヤードパー4。(距離はすべてレギュラーティーからです。)

ここは、写真で見えている地面を過ぎると、かなりの下り坂になっていてランを稼げます。赤丸の松の向こうにグリーンがあるので、この松の右狙いです。左右OBはありますが、よほどフケなければ大丈夫です。赤丸松の左に行くと、木が邪魔になって第二打が打ちづらいです。

a0248232_1085020.jpg

ライラック2番。175ヤードパー3。

赤丸がピンの位置。右は少しフケると即OBです。左狙いで、左奥の土手(斜面)にぶつけるとワンオンするときがあります。

a0248232_10131173.jpg

ライラック3番。492ヤードパー5。最初のロングです。ここは、グリーンまで右サイドOBが続くので、基本は左から赤丸フラッグ狙いです。

a0248232_10164271.jpg

ライラック4番。340ヤードパー4。

写真ほぼ正面に見える木の先が大きな窪地になってます。OBではありませんが、ここに落とすと打ち上げるのにひと苦労。

狙いは赤丸のバンカー手前のフェアウェイ。右に逃げても大丈夫ですがグリーンが遠くなります。

木越えで残り100ヤードのショートカットを狙うには、250ヤードくらい飛ばす必要があります。

a0248232_10234095.jpg

ライラック5番。135ヤードパー3。

打ち下ろしなので100ヤードくらいのイメージで。ワタクシはピッチングで打ってます。

手前の池(水が入ってませんけど)と左サイドがOBです。グリーンは左に傾斜してるので奥にのっても出てしまうことも。右のバンカー手前を狙います。

a0248232_10312475.jpg

ライラック6番。342ヤードパー4。

大きく右ドックレッグ。右サイドはグリーンまでOB。赤丸フラッグからやや左狙い。飛ばせる人は写真右の木越えでショートカット出来れば、残りは100ヤードくらい。

a0248232_104707.jpg

ライラック7番。317ヤードパー4。ここは写真忘れたのでクラブのをお借りしました。

軽い右ドックレッグ。右サイドはグリーンまでOB。傾斜地で少し入っても即OBなので、左サイド狙い。

a0248232_105382.jpg

ライラック8番。350ヤードパー4。

右サイドはグリーンまでOB。左は崖で隣のコースまで転がります。基本は赤丸のフラッグ狙い。

グリーン奥は即OBなので飛び越えないように手前から狙います。

a0248232_10563842.jpg

ライラック9番。最後のロングです。555ヤードパー5。

左サイドはグリーンまでOB。傾斜地になっていて少し入っても転がってOB。右は林に入ると打てなければワンペナで出すことに。

花道が狭いのでドライバーコントロールに自信のないワタクシは3番アイアンを使うことが多いです。

コース中間の正面にバンカーあり、その右方向に池。ハンディキャップ1の難コースです。

a0248232_116923.jpg

お次はしらかばコース1番。478ヤードパー5。

左サイドグリーンまでOB。写真左の林の奥からOBなので右サイドから狙います。ニ打目は軽い打ち上げになりますのでパー(3)オンが結構ムズいです。

a0248232_11132839.jpg

しらかば2番。130ヤードパー3。

打ち下ろしで簡単そうに見えますが、右から左に風が吹くことが多く、上げるとかなり左に持って行かれてOBになるので注意。ゴルファーなら、ショートはワンオンを狙ってボールを上げたがりますが、このホールは下っているので転がすのもありですね。

a0248232_11165392.jpg

しらかば3番。350ヤードパー4。

右奥にOBありますがさほど気にしなくても大丈夫です。正面のフラッグ狙いですが右の土手にぶつけてもフェアウェイに出てくることがあります。左サイド広いですがグリーンは少し遠くなります。

飛ばす人は左に引っ掛けると池に入りますので注意。ニ打目やや打ちあげになるのでワンクラブ大きめで。

a0248232_11275094.jpg

ロングですがハンディキャップ9のサービスホール。500ヤードパー5。

右OBありますがかなり広いので大丈夫。赤丸木の先のフラッグ狙いですが、手前だと木が邪魔になって二打目が難しくなります。

スライス系の方は右斜面から打つことが多くなりますが、更に右に行きやすくなるので注意です。

a0248232_11322551.jpg

しらかば5番。155ヤードパー3。

やや打ち上げのショート。右サイド、グリーン奥がOB。右バンカーを避けて中央から左狙い。グリーンは超えると即OBなので手前から攻めるのがよろしい。

a0248232_11385850.jpg

しらかば6番。395ヤードパー4。

左サイドOB。バンカーを避けてフラッグ狙い。中央からやや右の土手に残るとニ打目が打ちづらくなるので注意。

a0248232_11451836.jpg

しらかば7番。395ヤードパー4。

赤丸奥の林のあたりからOB。左の林の中は傾斜地になっていて、転がっていくと隣のコース。林で打てなければワンペナ。

グリーンは超えると即OB。ワンクラブ短めで手前から攻めるとこと。

a0248232_11482199.jpg

しらかば8番。354ヤードパー4。

ハンディキャップ1の難コース。距離は大したことないけど最後まで打ち上げになっていて2オンはかなりムズいです。

左OBありますが、全体がすり鉢状になっていてOBまでは結構距離があります。赤丸のフラッグまで届けばコンペでドラコン貰えます。

a0248232_1154041.jpg

しらかば9番。360ヤードパー4。

右サイドグリーン手前までOB。左斜面にあるガイドボール(赤丸)狙いだけど、左に飛びすぎるとOB。

コース中間から下り坂になっていてランが出すぎると左足下がりで打ちづらくなります。

グリーン手前右は深い窪地になっているので、落とすと上げるのが大変です。

ワタクシはアイアンで刻んで2オンを狙っています。

ここでのベストスコアは87(ライラック41、しらかば47)

なんとかハーフで40を切りたいけど、いつになるやら。

札幌からの距離も近くお値段も手頃。そこそこ変化のあるコースで面白いところだと思います。
[PR]
by go_st_andrews | 2012-08-21 07:46 | 日々の出来事

八剣山登山口

お天気まずまずの土曜日、F、N両支部長におねだりをして、豐滝にある八剣山(はっけんざん)初登山を設定していただきました。

a0248232_1845168.jpg

地図で見るとこんな感じのお山。小金湯温泉のちょっと手前くらいですね。観音岩山と云うのが正式な名称でしょうかね。498mなり。

a0248232_1871648.jpg

現物はこんな感じ。ステゴサウルスの背中みたいな岩山が8個あるのかも。

a0248232_18102439.jpg

札幌市内から国道230号線を定山渓に向かいます。藤野3-9の交差点(手前右に信用金庫があります。)を右折、白川浄水場の道に入ります。

a0248232_18125291.jpg

一本道をしばらく行くと、八剣山トンネルが見えてきますので、わき道を左に入ります。

a0248232_1814027.jpg

少し行くと、登山口の標識(小さくてちょっとわかりづらいけど)があるので右の林道に入ります。左の舗装道路は行き止まりです。

a0248232_1816153.jpg

道路の突き当たりが登山口です。

a0248232_18181847.jpg

なぜかお馬さんの碑が建ってます。途中に木材を切り出しているところがありましたから、その昔活躍したのかもですね。

a0248232_18192649.jpg

こんなものも。鍵が掛かっていて中は拝見できませんでした。山と云うのは不思議なところです。大体は信仰と結びついているところが多いような。

a0248232_18231623.jpg

肝心の登山の方はどうよ、と云うことで。
大したことはありません。どだい藻岩山より低いんですから、とタカをくくっていたら・・・いきなりの急登と前日の雨で滑る足元にヘロヘロ状態。景色を堪能するフリをして何度も休憩。

最近、タバコ止めてちょっと太ったからなぁ。表面積が増えて発汗量が多くてヘバったのかも。

a0248232_18285094.jpg

頂上付近。この辺りまで50分くらい。

a0248232_18304398.jpg

ステゴサウルスの背中を近くで見るとこんな感じです。

a0248232_18325592.jpg

ハイ、頂上到着。登坂開始から1時間ほど。慣れた方なら40分くらいで登れるかもですね。

a0248232_18373864.jpg

眼下に豐滝の街を見下ろします。高所恐怖症の方にはちょっとまずいかも。山の頂上付近は切り立った崖になっていますので十分気をつけましょう。

a0248232_1839677.jpg

頂上からの遠望。正面に小天狗岳と定山渓天狗岳、右に神威岳と烏帽子岳(かな?)

往復で2キロくらいだそうであっと云う間に降りてきましたが、地面が濡れているとかなり滑るのでアブナイですネ。眺望の良さと、スリリングな登山で楽しめました。途中、ヘロヘロ状態に辛抱強くお付き合いいただいたF、N両支部長に感謝です。

お疲れ様でした。
[PR]
by go_st_andrews | 2012-08-19 18:54 | 日々の出来事

禁煙~その後のマイルドセブン

そう云えば、禁煙してたんだっけ。

4月23日の禁煙宣言から3ヶ月以上経過。とりあえず最長不倒記録更新中なのである。

この間、飲み会10回以上、ゴルフ10回以上を消化。

以前ほど、ヤニが欲しくならないから恐らくこのまま行けそうな気がするな。

それでも、タバコを吸いたい気持ちはある。ずーっと我慢し続ける感覚ですね。

ワタシが吸っていたのはマイルドセブンライト。かれこれ20年以上は吸ったな。

平均すると1日に1.5箱買っていたから、現在価格で630円。

買ったつもりで、1日500円玉を貯金箱にチャリン。止められているのはこのお陰かも。

これ以上、お金出すのが勿体無い感じになってきているからね。(元々ケチなんです。)

まぁ、何にせよ効果はあると思うよ。

体の方は良く判らないけど、時たま出ていた痰・咳はピッタリ止まりました。

余計な火の始末をしなくて済むようになりました。

机やテーブルの上が灰で汚れなくなりました。

ところで、マイルドセブンが名前を変えるんだと。

マイルドセブンは言葉自体に意味がないけど、メビウスって固有名詞に近いんじゃないのかね。

ワタシは即座にシャープのノートパソコンを思い出したけど。

ブランド力を更に高めるんだそうだけど、メビウスでブランド力が上がるのかいね。

吸わないワタシにはどーでも良いけど。

ウーン、なんかカッコ良いなぁ。(*^_^*)
[PR]
by go_st_andrews | 2012-08-09 07:30 | 日々の出来事

その後の梅干

a0248232_8444767.jpg

梅を漬けてからほぼ1ヶ月。我が家の梅干です。(正確には「梅漬け」ですけど。)

色・艶とも申し分なしですね。さすがみなべの完熟南高梅です。

この色は紫蘇の赤い色から来てるんだけど、先人の知恵と云うのはホントに凄いと思いますね。

赤くなった紫蘇を塩もみすると、真っ黒い灰汁が出るので、それを捨ててから梅酢にはなすと、鮮やかな紅色が広がります。こういう知恵をどうやって得たのかフシギですねー。

これを天日に3日3晩干すと、「梅干」の完成です。ワタクシ的には少しジューシー感のある梅漬けの方が好きですな。(ホントは夜干しするのがメンドイのもある。)

一度天日干しをやったことがあるんだけど、とにかく雨に当たらないように見張ってなきゃならないし、「夜干し」と云って、一晩中干すわけだけど、これも雨に当たらないようにしなけりゃならないので、寝ずの番が必要なのです。梅干作りは、かなりの手数が掛かっておるのですよ。

我が家のは、ちょっと潰れてます。月向農園さんからは、完熟は梅酢が出やすいので重石は少なめですよ~と云われてましたのに、ちょっと反省。

これは、漬けてから梅酢が上がって10日くらいしてからもみ紫蘇を入れるんだけど、この重さの分、重石を軽くしなけりゃ駄目だったのですね。

梅全体が15kgでスタート時点の重石は10kg。梅酢が上がってからは5kgに減量。その後、もみ紫蘇2kg投入。この段階で重石を減らすべきでした。

気をつけたいのは「カビ」ですね。基本は容器や布巾を日光消毒しておくこと。漬け込む際には梅を焼酎にくぐらせるのと、殺菌したビニール手袋などで作業することですか。もみ紫蘇を入れたときに、紫蘇が梅酢で隠れるように重石をすることも必要ですね。紫蘇が出ているとそこからカビが発生しやすいです。

万一、カビが出たときは梅は別の容器に出して、カビを取った後梅酢を一度煮立ててから戻します。最後の手段です。私も一度だけカビの経験があってやってみました。ちょっと抵抗ありましたけど、捨てるよりは良いか、と云うことで・・・・。出来上がるまで心配でしたけど梅の味は大丈夫でしたね。
[PR]
by go_st_andrews | 2012-08-08 09:25 | 日々の出来事

お祭りの季節

a0248232_13385370.jpg

はて?ハンサム?祭り?ところは道央方面のとあるマチ。

「俺の祭りはお前の祭りだぁ」~コピーがイマイチ良く判らんけど。

a0248232_1346427.jpg

きたあーっ、ハンサムなにいちゃん大集合。

そんでもって地域の若若男女が狂喜乱舞の一大イベント開催なのかっ?

a0248232_134812100.jpg

そーではなくってぇ、どーも「ハンサム焼」とやらのつめ放題祭りのようです。

よぉーく見ると、お焼きに顔らしきものがついてます。ネーミングの由来を聞いてみたいような気がしますが、
まぁ、これはこれで良いんではないでせうか。

a0248232_14252940.jpg

こちらは岩内町のお祭り。

おサカナの顔がイイネ。この腫れぼったい唇はアブラコだわ、きっと。

a0248232_14322229.jpg

気合入ってるねー。花火3,000発は道新も顔負けです。ホントかねー。

a0248232_14332199.jpg

ご当地特産の身欠きニシン。串焼きはちょっとメジャーじゃないかも。

a0248232_14353744.jpg

こちらは倶知安のお祭り。少しおとなしい感じです。

a0248232_14362511.jpg

ご当地ゆるキャラ。ネーミングもそのまんま。

ところで、わがマチ札幌ではどーなの。

どだい、特産物がないからそういうイベントも無いし、大通公園のビアガーデンがお祭り見たいなもんか。

なんか、こうドドーンと景気が良くなる様なイベント考えてくれませんかね。ヨサコイ以外で。
[PR]
by go_st_andrews | 2012-08-02 14:48 | 日々の出来事

ゴルフの聖地St.Andrewsでプレーするのを夢見るぐうたら人間のブログ


by harimao
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31