ひねもすのたりの日常&時々非日常

harimao.exblog.jp ブログトップ

<   2012年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

大は小を兼ねる

a0248232_9353983.jpg


登山シロートである、私が持っているアイゼン君たち。

5本爪と6本爪と新しく仕入れた10本爪。いずれも軽アイゼンと呼ばれる方たちです。

私が登山を始めるようになったのが、今から5年ほど前。

探検隊のF支部長に勧められたのがきっかけなのでした。

札幌近郊の低山をウロウロしていたのですが、大御所S本部長が、「山はねぇ、冬が一番良いのだよ。どこでも登って行けるからねぇ。」とご教示をいただいてから、冬山にもトライしてきたわけです。

登山シロート、冬山ドシロートの私には、まず藻岩山あたりが手ごろだろう、と云うことでとりあえずアイゼンが必要になった訳なのです。

そこで、アウトドア専門店の秀〇荘に行って、売り場のお兄さんに話したら、「藻岩ならこのあたりで良いんじゃないっすかねぇ。」と云われて買ったのが、左上の5本爪アイゼン。一番小さい安いやつでした。貧乏性の私は、安さに納得。購入と相成ったのでした。

翌日、早速探検隊と藻岩登山。アイゼンの効果遺憾なく発揮、と云いたいところなんだけど、やっぱり爪の少なさは当然抵抗が小さいわけで、下りの踏ん張りがイマイチ。時折ズルズルと滑るところもあったりして。
藻岩あたりでも、沢に転げたりしたら危険が危ないのです。

と、云うことで次に買ったのが、右上の6本爪アイゼン。やっぱり秀〇荘。お値段は5本爪の4倍くらい。爪が1.5倍しかないのに、何で値段が4倍なのだっ!と云いつつも5千円でお釣りがきたから、こんなもんか。

先日の藻岩北壁アタックで6本爪くんが今度こそ遺憾なく効果発揮、と思いきや、やっぱりズルズル。登れないわけではないけど、下りがイマイチ。うーむ。見ると、F支部長もN支部長も8本爪らしきアイゼンをご装着の様子。

そーか、大は小を兼ねるのだ。転ばぬ先の杖。悲観的に準備して楽観的に行動するのだ、とアイゼンくんは人生訓らしきものも教えてくれます。

それは、そーと。秀〇荘のアンちゃんは、もう少しアドバイスをくれても良かったんでないかい?

藻岩に飽き足りなくなったら、この小さいやつでは間に合わないので、最初から爪の多いアイゼンを選んだほうが良いですよ、とかね。

なんでもそうだけど、中途半端なモノを買うとあとで後悔することが多いわけで・・・。

特に山の装備は、靴にしてもウェアやザックにしても、少しグレードを上げて買うことが必要かもです。

そんなわけで、今回仕入れたのが、10本爪。登板用は8本だけど、蹴りこみ用に2本ついてます。

a0248232_9571792.jpg

モンベルのスノースパイク10。

a0248232_9584872.jpg

装着したところ。つま先を入れてヒールカップを上げてベルトを通すだけでいたって簡単。ベルトの先端部分がプラ素材になっていて扱いやすいですね。

a0248232_1024019.jpg

裏側はこんな感じ。

6本爪の方はカミさんにやることにして、明日にでも藻岩北壁で実証実験をしてこようかと。
[PR]
by go_st_andrews | 2012-03-31 10:13 | 日々の出来事

藻岩山北壁アタック

探検隊冬山バージョンも今月いっぱいかな。来月からはゴルフが始まりますけんね。

いつものメンバー(F平和通支部長、N北方支部長、S月寒支部長)とカミさんの5人。

通いなれた藻岩山ですけど、今回は一般の登山道ではなくて「北壁」(探検隊が勝手に云ってます。)アタックです。

一般の登山道よりは少し急登があって面白いですけど、下りは注意が必要ですね。アイゼンかカンジキ必須ですから、やっぱり冬しか行けません。

a0248232_6315117.jpg

慈恵会病院奥の駐車場から登って行きます。

a0248232_633181.jpg

お地蔵さん三番の左手が登山道です。今日は先客がいらっしゃるようで踏み跡が残ってます。

a0248232_6351255.jpg

昨日降った雪で、山は冬に逆戻り。お天気も雪混じりで景色はほとんど見えません。

a0248232_636265.jpg

えっちらおっちら登って行きます。先頭はN支部長。体力充実の月寒支部長が続きます。

a0248232_6392936.jpg

藻岩観音様が見えてきました。頂上はすぐそこ。

a0248232_638016.jpg

頂上到着。登り1時間30分ほど。カミさんはしばらく登っていないので汗ダルマ状態。

a0248232_6411714.jpg

考えてみれば、頂上展望台が新築されてから初めての登坂だったのですねぇ。

頂上展望台には洒落たレストランが出来てました。

が、しかし。開店が12時でランチのお値段もホテル並み。観光客向けに新築されたようです。

登山者の休憩所は10人も入れば満杯。

札幌市のデータでは、藻岩山ロープウェイの年間利用者は33万人ほどで、登山者は9万人(推定)だそう。

圧倒的にロープウェイの利用者が多いわけだけど、ホンと?かね。

ロープウェイは一日あたり900人ほど。登山者も同じくらいいるような気がしますけどね。

長靴はいて作業服のようなウェアを着てレストランに入るとヒンシュク買うかもね。
[PR]
by go_st_andrews | 2012-03-26 06:52 | 日々の出来事

Thai徘徊紀行

北海道もようやく冬が終わりそうな気配。

ゴルフ場はせっせと融雪剤を撒いてオープンの準備に追われているんだろうなぁ。

それでもあと1ヶ月はおあずけ。ヒマだから暖かいところに云った記憶でも辿ってみっか。

時は去年の9月。この円高の恩恵を存分に享受するべくタイ旅行なんぞを挙行。

安直なんだよね。とにかく千歳発のチャーター便を探したら一番安くて遠いのがタイだっただけなのですわ。

タイスワンナプーム空港に着いたのが午後7時ころ。バンコクの町は夕闇が訪れておりました。

a0248232_10415620.jpg

さすが仏教国タイ。マクドナルドのロナルド君も合掌しております。コップンカップ!

a0248232_10442248.jpg

伊勢丹の前の広場には大勢のタイの方々が、熱心にお参りしておりました。

a0248232_10453095.jpg

バンコク定番の屋台。鳥と魚の丸焼きかねぇ。美味そうだったけど、売ってるオジサンがコワモテでちょっと逡巡。

a0248232_10485856.jpg

翌朝の市内。道路なんかあって無い様なもの。沿道は出店で埋め尽くされております。

a0248232_1151350.jpg

さすが、フルーツは美味そう。タイでは食べ物に注意が必要ですけど、果物は大丈夫だそうで。

a0248232_115310100.jpg

なんか、得たいの知れないものも売ってます。卵は蒸し卵と云うか燻製みたいなものだね。

a0248232_11545345.jpg

パンもピザもあります。でもなぁ、気温30度以上の炎天下ですからねぇ。ちょっと遠慮しました。

a0248232_11571166.jpg

タイ旅行中、一番美味だったのがこれ。スイカジュース。とあるレストランで130バーツ。日本円で250円くらいだったかな。地元ではかなりお高い飲み物です。

a0248232_12281692.jpg

美味そうでハズしたのがこれ。ココナッツジュース。炎天下の道端で観光客が飲んでたのがやたら美味しそうで頂戴してみました。30バーツ。60円くらい。ただの樹液だね。ちょっと青臭くてイケませんでした。売り子のオバサンがココナッツを持ってナタでザクザクと飲み口を作るのは豪快。

a0248232_13235385.jpg

一応、観光名所もウロウロしてました。ワットポーの黄金涅槃仏。大きすぎて写真1枚に収まりません。

a0248232_13301191.jpg

アユタヤの遺跡も見たりして。

a0248232_17464713.jpg

タイの遺跡で一番メジャーなのはこれかも。日本語の案内板があるのはちょっと嬉しい。

その昔、アユタヤは異民族の攻撃を受けて、仏像の首が切り落とされたそうな。落とされて地中に埋まっていた首の部分が、木の成長と共に地表に出てきたんだそうで、摩訶不思議なこともあるもんです。

a0248232_13304585.jpg

水上マーケットも拝見。

a0248232_13312233.jpg

とにかくクソ暑いこと。タイのワンコもダラケきっております。

a0248232_1332693.jpg

哀れ、鳥さんはミイラ状態。

a0248232_13324444.jpg

観光地のトイレはほとんどが有料でした。5バーツ。10円ほど。入り口にいるオバサンに払ったり、ザルが置いてあってそこにお金を入れたりしてました。

a0248232_1334155.jpg

有料だけあって清潔ですね。一応水洗。手桶で水を流します。ただ、紙は流せません。バケツが置いてあってそこに入れます。なんでもタイの土管は狭くてすぐ詰まるんだそう。ホテルも同じでした。

ツアーでしたけど、自由行動も結構あって面白かったなぁ。ただ、ツアーのお決まりですけど、やたら土産店に連れて行かれるのにはどうよ、と云う感じ。

でも、世界中から観光客が来ているようで、特に、中国、インドの方々が多かったですね。金回りが良いんだね。デパートも観光客で混雑しているし、東京の銀座より賑やかでしたね。

市内にはコンビにが至る所にありますから、買い物は心配なし。生水はダメ。氷の入った飲み物も要注意です。

それにしても、道路ふちの出店の多いこと。売っているのはほとんどは女性で、タイの女性はたくましい。

帰ってほどなく、あの大洪水のニュース。市内を流れるチャオプラヤ川の近くには施設が沢山あったから、大変だったと思います。運が良かったとも云えない気がします。

ゴルフも考えたんだけど、暑すぎてパス。

食べ物は全体に酸っぱい料理が多くて、もう良いかな、と云う感じでした。

物価がとにかく安いから、円高の恩恵をフルに受けてきました。

今度は、夜の屋台を徘徊してみたいですね。危ないべか。
[PR]
by go_st_andrews | 2012-03-23 13:50 | 日々の出来事

秘境探検~支笏湖モーラップ

我が秘境探検隊の面々と新しいお仲間も加えて冬のモラップ山にトライ。
新しいお仲間を加えてと云うより、S月寒支部長のお友達である、女流登山家セミプロのA氏、同J氏にくっついて行った、と云うのが正解です。我が探検隊のメンバーはいつものF平和通支部長、N北方支部長の総勢6名でのアタック。

a0248232_9123949.jpg

札幌南区常盤の支笏湖線から支笏湖温泉を目指します。温泉街を過ぎて1キロほどのところに駐車場があります。

a0248232_9134159.jpg

通行止め標識の右側の林道に入ります。尾根の取り付き位置までは結構な道のりです。

a0248232_9163945.jpg

目指すはこのお山です。500mちょっとの高さだそうで、私にはお手頃。

a0248232_9182398.jpg

楽勝なんだろうなぁー、とタカをくくっていたら結構な登りが続きます。

a0248232_9194171.jpg

こんな急登もあったりして。S女史はサクサ登って行きます。この辺がキャリアの違いと云うか、根性の違いと云うか、今回もドンジリ。F支部長が辛抱強く付き合ってくれました。

a0248232_9251084.jpg

1時間半ほどで頂上到着。曇りの天気で展望が利かないせいか、割とそっけない感じ。愛想が無いと云うか、
あれ?頂上なの、と云う感じですね。

a0248232_9305621.jpg

同じルートで戻るのは面白くないと、A女史とJ氏はさっそく地図とコンパスで下山ルートの探索開始。この辺りがシロートとプロの違いなのです。

a0248232_93259100.jpg

冬山の良いところは、カンジキorスノーシューがあれば、どこでも歩けるところです。皆さん、好きなところを降りてます。(沢に落ちることもありますから、経験者の方とご一緒に)

a0248232_9355184.jpg

下山途中で見た鹿の食害の跡ですね。これで木が枯れてしまうそうで。
今回の支笏湖周辺では鹿を至る所で見かけました。昔は道東方面でしか見られなかったですから、相当増えていることは確か。道内の広い地域で農作物の食害が報じられますけど、鹿が悪いわけではないのですね。北海道からオオカミを絶滅させた人間が悪いのです。

a0248232_9405661.jpg

下山開始から20分ほどでさきほどの林道に到着。

a0248232_9421687.jpg

駐車場の邪魔にならないところで、探検隊定番のテント内大昼食会。

a0248232_943633.jpg

今回は、A女史とS女史が用意してくれた具沢山煮込みラーメン。これは美味かったわ!

昼食後、A、S女史とJ氏、探検隊N支部長が多峰古峰山(たっぷこっぷやま)をアタックすると云うので、昼食ですっかり有難くなって足取りが重い私と、膝の治療が必要なF支部長は支笏湖温泉街の調査研究に専念することにしました。(正直なところ、モラップ山よりキツイよ、と云われてビビった私にF支部長が付き合ってくれたのでした。)

支笏湖温泉まで戻って、沿道にあるホテルで聞くと日帰り入浴はやっていない、とのこと。食事か宿泊をしないと温泉には入れないんだと。二軒ほどあたってみたけどどこもおんなじでした。

ま、良いけどさ。この不景気なご時勢だもの、少しはお客を呼び込むことを考えたほうがいいんでないかい。

最後の旅館で聞いた仲居さんが、申し訳なさそうに、休暇村なら日帰りやってます、と教えてくれました。

日帰り入浴700円なり。お風呂は広くないけど熱めの温泉で快適でした。

a0248232_1062367.jpg

道端にフツーに鹿がいます。

a0248232_107547.jpg

ホテルの前には野鳥用の給餌台がありました。なかなかの美人。名前が判るといいのですが。

タップコップアタック隊とは午後4時に合流。無事に本日の探検を終了しました。
F支部長とはタップコップリベンジを来月に挙行することで意見が一致。N支部長に連れて行って貰います。
皆さん、お疲れ様でした。
[PR]
by go_st_andrews | 2012-03-21 10:11 | 日々の出来事

余市鶴亀温泉&入浴施設

ゴルフと山のない休日はひねもすのたり。

あんまりお天気良くなかったけど後志方面へちょいとドライブ。

a0248232_10192715.jpg

温泉大好き人間。

国道5号線、フゴッペ洞窟を過ぎて余市町市街に入る手前に見えてきた鶴亀温泉。日本人の好きなネーミングです。

ネットで検索してみると、青森にも熊本にもあるようだけど、ページのトップに出てくるからそれなりにSEO対策もしっかりされているようです。

a0248232_10233894.jpg

大人600円。ボディソープとシャンプー備え付けなので、まぁフツーの値段です。
ロビーはわりと広くて綺麗ですね。

a0248232_1025044.jpg

温泉の色はこんな感じ。海が近いせいですかね、結構しょっぱい。
塩のせいか、石鹸の泡立ちもイマイチでした。
サウナと水風呂、ジャグジーに浴槽がふたつ。ジャグジーは33度の低温でした。

a0248232_10261292.jpg

露天風呂の浴槽はふたつあります。

a0248232_10281219.jpg

外はすぐ日本海の海岸線。夕日が綺麗かもです。

脱衣所の洗面台にティッシュ、綿棒。ドライヤーは無料で良心的です。

温泉はかけ流しだけど、全体に温度は低め。さっぱりして良いですけどね、もう少し温まりたかったですね。

a0248232_10375013.jpg

近隣某市で見かけた入浴施設。温泉ではないわね。
宵闇が近づく町並みにひっそりと佇んでました。雰囲気あるなぁ。600円では入れないかも。
[PR]
by go_st_andrews | 2012-03-19 10:42 | 日々の出来事

北湯沢長流別(オサルベツ)~トワイライトゾーン

先週の土曜日のお天気に誘われて、我が秘境探検隊は北湯沢まで足を伸ばしました。

S本部長、F平和通支部長、N北方支部長がご一緒。お三人は冬山10年以上の超ベテラン。

私はホンの駆け出しで、今回アタックする「長流別(オサルベツ)」(正式名称かどうか不明ですけど)は海抜約1,000メートル。私にとっては未体験ゾーンなのです。

札幌から230号線中山峠を抜けて国道276号に入って北湯沢を目指します。温泉街を過ぎて門前峠に入ります。

a0248232_114727.jpg

この辺は牧場があるようですが、駐車スペースがないので道路わきに停めさせてもらいまいした。地図に載っている山ではないので、登山道などはありません。当然、冬の時期にしか行けない場所です。

a0248232_1174148.jpg

なだらかな丘陵を登って行きます。最後尾が私。皆さんカンジキを持ってますが私はスノーシュー。この時期は雪が少し硬くなってますからカンジキの方がベストでした。

a0248232_1194627.jpg

ゆっくりとした登りの道で白樺林が続きます。

a0248232_11115517.jpg

林の間からは日差しが差してます。歩いていると汗ばむくらいで春はもうすぐ、と云う感じ。

a0248232_11153871.jpg

これは楽勝だわねー、と甘く見ていたら頂上が見えてきました。赤丸の先が頂上です。1,000m弱のお山はやっぱり楽をさせてくれません。

a0248232_1118890.jpg

それなりに雪庇も出てます。尾根の両サイドを注意しながら少し慎重に登ります。

a0248232_11211766.jpg

頂上到着です。お三人さんは先に到着して頂上の風景を堪能しています。

a0248232_11241725.jpg

やや北方向に徳舜瞥山(写真中央)とその右にホロホロ山がかすんでます。

a0248232_1127249.jpg

西方向には有珠山(写真左側)と有珠山の稜線右下に洞爺湖が見えます。

a0248232_11294919.jpg

有珠山の右奥に尻別岳(写真右寄り)とその左に雲に隠れた羊蹄山が見えます。

登板開始が午前9時30分。頂上到着12時で登り2時間半。下り1時間。往復行程約6キロでした。

それにしても、お天気の良かったこと。大御所S本部長も、冬山でこんなに良い天気に恵まれるのは1シーズンに1回あるかないかだなぁ、と仰ってました。

それにしても、頂上の風景は最高だったなぁ。そろそろゴルフシーズンだけど山にハマりそう・・・。
[PR]
by go_st_andrews | 2012-03-12 11:39 | 日々の出来事

すっかりご無沙汰

北海道の2月はむちゃむちゃ寒いのです。

陽水よろしく「氷の世界」なのです。

私の住む札幌は、まだ氷点下10度くらいで済んでますけど、しばれフェスティバルなんてのをやってる陸別町では、氷点下28度くらいまで下がります。

私が日常生活で体感した最低気温は「氷点下27度」でした。とある道東のマチでしたけどね。寒いと云うより顔に当たる寒気が「痛い」と云う感じ。

当日の朝の出勤時間。学校へ通う小学生の一団が、「ちぇっ!もうちょっとだったのになぁ」と云いながら歩いている。

「何を悔しがってるのかい?」と聞いたら、「あと3度(氷点下30度)低ければ学校休みだったのにぃ」だって。

そんなわけで、2月は本州に行ったり、なんやかやでブログさぼってました。m(__)m

a0248232_111228100.jpg

とある東京近郊の駅構内。昭和の時代に私が通勤で使ってました。

なんとまぁ、セブンイレブンなんか入ってる。便利になりました。

a0248232_11141694.jpg

近くにはこんなお寺があったりして。

a0248232_11162226.jpg

住宅の近くにあったなんとか銀座通商店街。人気が少ないですね。

あれから25年も経つんだなぁ。ここも北海道とおんなじで、大手のスーパーに商店街が駆逐されてます。

a0248232_11201158.jpg

社宅の前を素通りして寄り道していた居酒屋。名前が変わってるけど建物はそのまんまだね。

当時はお婆ちゃん一人で切り盛りしていて、遅くなると良く居眠りしてました。

a0248232_17563942.jpg

なぜか、こんな所にも行ってました。

a0248232_1122508.jpg

夕方になって寄った焼き鳥屋さん。駅からの帰り道だったからお世話になりました。建物は建て変わってますね。

昼間から一所懸命串刺しして焼き鳥を作っていたオジサンも80近い年齢かも。

残念ながら覚えていてくれませんでした。

a0248232_11552725.jpg

東京駅に戻って丸の内へ。

やっぱり不景気なんですかね。当時はもう少し人が歩いていたような。

今年は東京も寒かったなぁ。
[PR]
by go_st_andrews | 2012-03-08 11:59 | 日々の出来事

ゴルフの聖地St.Andrewsでプレーするのを夢見るぐうたら人間のブログ


by harimao
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31