ひねもすのたりの日常&時々非日常

harimao.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:映画の部屋( 4 )

武士の一分

こうなりゃ、藤沢作品を総ざらいしてみるか。

「武士の一分」
・制作年:2006年
・監督:山田洋次
・原作:藤沢周平 「隠し剣秋風抄」盲目剣谺(こだま)返し
・キャスト:木村拓哉(三村新之丞)、壇れい(三村加世)、笹野高史(徳平)、坂東三津五郎(島田藤弥)、桃井かおり(波多野以寧)、緒方拳(木部孫八郎)ほか

原作は藤沢周平全集第十六巻に所収されている短編である。

「たそがれ清兵衛」、「隠し剣鬼の爪」に続く山田洋次監督の時代劇の完結編と云う扱いになっているらしい。因みにこの映画は、松竹の配給映画として、当時としては歴代最高の40億円以上の興行収入を記録したヒット作となっているそうである。

全2作が、藤沢周平氏の短編数編の合作となっているのに対して、この映画は原作1編を主題とするストーリーとなっている。

木村拓哉扮する三村新之丞は、海坂藩の毒味役を務める三十石取りの下級武士である。

映画の冒頭シーンは、三村が毒味役として「赤ツブ貝」を食べて中毒を起こすところからスタートするが、原作では「笠貝」となっており食材としてはあまり聞いたことのない貝である。映画でもこのあたりは一般的なツブ貝に置き換えたものと思われる。

小説では、盲目となった三村が妻加世の不倫の兆しを感じ取るあたりから始まり、不倫の事実、妻の離縁、不倫相手との果し合い、と云う順でストーリが展開されるが、映画の冒頭で三村が盲目となり、その後の物語を見せるには効果的である。

山田監督の前2作のタイトルは、いずれも小説の原題そのままだが、本作だけ違っている。「武士の一分」は、小説の中では果し合いを行う三村が「武士の一分が立てればそれでよい」と云う表現に使われているだけである。ただ、盲目となった三村が果し合いを行うのは、夫の為に自ら地獄に落ちた妻加世の仇を討つためであり、それは武士として命にかけても守らねばならない面目、すなわち武士の一分なのである。

藤沢小説で、武士の一分を賭けて事を成すと云う物語は他にもあるけれど、これを映画のタイトルに使ったのは正解だと思う。小説どおりの「盲目剣谺返し」では、ルビを振らなければなかなか読めないし、小説を読んでいない人には、ストーリーは良く判らなくても武士の面目を賭けた物語なのだ、と云うアナウンス効果もあったと思う。

どうでも良いことだが、作中人物で三村と果し合いをする島田藤弥(坂東三津五郎)は、原作では「島村藤弥」である。他の人物が原作どおりであるのに、この人物だけあえて名前を変えた理由が判らない。

小説と異なる映画のオリジナリティーは随所にあるのだが、毒に当たって意識のない三村に薬を飲ませるシーンで、妻加世が口移しで飲ませる場面があるが、こういうのは藤沢氏が存命であれば承諾しなかったのではないだろうか。

藤沢小説にはあまり荒唐無稽な物語は登場しないが、盲目の侍が一刀流免許皆伝の剣士と斬り合って勝つ、などと云うのは荒唐無稽な部類に入ると思うが座頭市の様な例もあるので物語としては面白い。

小説は比較的淡白だが映画は濃厚で見応えのある作品となっている。

キムタクについては賛否両論かと思うが、スマップの人気絶頂期であれば歴代最高の興行収入はさもありなん、と云うところか。金麦のお姉さんは宝塚だけあって見栄えのする女優さんである。

評価⭐️⭐️⭐️⭐️




[PR]
by go_st_andrews | 2015-07-15 20:41 | 映画の部屋

隠し剣鬼の爪

またまた藤沢作品の映画。

「隠し剣鬼の爪」
・制作年 2004年
・監督 山田洋次
・原作 藤沢周平 隠し剣孤影抄 「隠し剣鬼の爪」 「雪明り」
・キャスト 永瀬正敏(片桐宗蔵)、松たか子(きえ)、吉岡秀隆(島田左門)
 小澤征悦(狭間弥一郎)、高島礼子(狭間桂)、緒方拳(堀田将監)、小林稔侍(大目付甲 田)ほか
*以上、allcinema データベースより。

原作は藤沢周平氏の「隠し剣孤影抄」に収録されている短編であり、監督は山田洋次で「たそがれ清兵衛」に次ぐ時代劇である。

「たそがれ清兵衛」が、アメリカのアカデミー賞にノミネートされるほどヒットしたので柳の下にもう一匹、という感じがしないでもない。

と、云うのもストーリーが藤沢周平氏の作品群との合作であり、小説とはかなり異なるオリジナリティーは「たそがれ清兵衛」と同じ作りで、この映画も主人公と下女との恋愛物語が中心となっている。

ただ、映画のタイトル紹介でも原作は、「隠し剣鬼の爪」、「雪あかり」と紹介されているが、映画の斬り合いに出てくる重要なシーンで、相手に背中を見せると云う剣法は、同じ「隠し剣孤影抄」に収録されている「邪剣竜尾返し」が題材となっており、主人公片桐宗蔵(永瀬正敏)が狭間弥一郎(小澤征悦)と斬り合うシーンで、背中を見せる片桐に切られた狭間が「卑怯な!」と叫ぶあたりも原作と同じで、私が作者ならクレームをつけたいところである。

原題にある「鬼の爪」は剣法ではなく、ごく小さな鋭利な刃物で相手の心臓をひと突きするという、小道具を使った技である。

題名は忘れたが、ある推理小説にピアノ線様のごく細い刃物で相手の背中から心臓を刺して死に至らしめる、と云う完全犯罪を狙った話があったような気がするが、藤沢周平氏がこの小説にヒントを得たのかどうかは定かではない。

この「鬼の爪」は映画の最終章のあたりで、片桐が家老の堀田将監(緒方拳)を殺すシーンで描かれる。

「雪あかり」はどこで登場するのかと云うと、片桐家に奉公していた下女のきえ(松たかこ)を藩内の商家に嫁がせるのだが、婚家での過酷な労働に体を壊し、それを聞いた片桐が、きえを無理やり連れ戻すと云うシーンで描かれる。原作では、主人公の芳賀菊四郎が、その実の妹由乃を婚家から連れ戻す物語となっている。

設定はたそがれ清兵衛と同じ、海坂藩の侍の話であるが、映画全体はそれほど緊迫感がない。映画の冒頭は、江戸に出る狭間弥一郎を片桐宗蔵と島田左門が舟の渡し場で見送るシーンからスタートするが、永瀬正敏(片桐)、吉岡秀隆(島田)、小澤征悦(狭間)の三人とも侍が似合っていない。また夫を見送る狭間の妻桂(高島礼子)も狭間との夫婦の釣り合いにやや違和感がある。(姉さん女房の設定としても高島の方が相当年上に見える。実際の年齢差は10歳離れている。)

主人公はあくまでも侍であるのだが、ストーリーでの存在感は女性の方が大きい。前作のたそがれ清兵衛では宮沢りえであるし、この作品では松たかこである。監督が同じなのでこういう作品になってしまうのだと思うが、観客の受け狙いで、映画の物語としては面白いけれど、小説の意図するところとはかなり違ってきている。

作中に直太(神戸浩)と云う下男が登場するが、原作の小説には登場しない人物であり、「たそがれ清兵衛」にも同名(役者も同じ)で登場する。山田監督はこの下男(役者)が余程気に入ったと見え、ややIQの低そうな役柄として描かれるが、役者さんはかなり上手な演技を見せる。

狭間弥一郎役の小澤征悦と云う役者をこの映画で初めて見たが、かの指揮者小澤征爾の息子なんだとか。映画でのなかなかの好演振りは七光りではないような気がする。

評価⭐️⭐️⭐️


[PR]
by go_st_andrews | 2015-07-11 14:39 | 映画の部屋

必死剣鳥刺し

最初が藤沢小説を原作として、「たそがれ清兵衛」だったので、手っ取り早く藤沢シリーズと行きますか。

「必死剣鳥刺し」
・制作年 2010年
・監督 平山秀幸
・原作 藤沢周平 隠し剣孤影抄 「必死剣鳥刺し」
・キャスト 豊川悦司(兼見三左エ門)、吉川晃司(帯屋隼人正)、小日向文世(保科十内)、池脇千鶴(里尾)、村上淳(右京太夫)、岸田一徳(津田民部)、関めぐみ(連子)ほか
*以上、allcinema データベースより。

この原作は、たそがれ清兵衛と同じ藤沢周平全集第十六巻に所蔵されている短編作品である。

映画のストーリー展開はほぼ原作に沿った内容となっており、特に登場人物の会話などは、ほとんど原作と一致しており、映像と会話に全く違和感がない、と云うことはそれほど藤沢小説が描くリアリティーが優れていることではないかと思う。

映画は、海坂藩二百八十石取りの上士、物頭を務める兼見三左エ門が、藩主右京太夫の愛妾連子を殿中で刺殺する場面からスタートする。

ここは原作とは違うのだが、サムライが殿中でいきなり女性を刺殺するシーンと云うのは、見ている側にとってはかなり衝撃的であり、刃傷の理由が判りかねる分、映画に引き込まれることになり効果としては抜群である。

原作の兼見三左エ門は六尺を越える大男となっており、主役の豊川悦司の身長も186cmで、まさにハマり役。醜男で性質の荒い大魚、と表現された原作の三左エ門と特徴的な風貌をしている豊川とは少し似通っているかもしれない。

兼見は切腹・斬首を覚悟した上で行動を起こすのだが、その後の沙汰はごく軽いものであり、一年の閉門が解けたのちに、藩主の直近に仕える近習頭取に任命されるあたりは、この小説のキモでもある。

城を傾けるほどの美女を傾城と云うが、右京太夫が溺れる愛妾の連子はまさにこの傾城で、藩政に口出しし、藩主の威光を傘に着た狐であり、殺されて当然と云う憎々しい演技が、映画冒頭の刺殺シーンを理解させる。

映画の最後のシーンで、兼見は「無残」と云う言葉を吐くのだが、この映画もまさしく無残。すべては愛妾を殺された藩主の復讐劇なのである。そして必死剣鳥刺しは最後の見せ場となる。

藤沢小説の面白さを遺憾なく表現した作品ではあるが、病没した兼見の妻の姪である里尾と兼見は男女の仲となるのであるが、ワタクシ的には、この配役(池脇千鶴)はもう少し大人っぽい女性の方が良かったような気がする。

評価 ⭐️⭐️⭐️⭐️ 



[PR]
by go_st_andrews | 2015-06-22 18:50 | 映画の部屋

たそがれ清兵衛

ワタクシはシネキチなのである。

5歳の時に、東宝日劇で孫悟空のアニメを見て以来、シネマの虜になってしまったのである。

爾来、見た映画の本数は数知れず、レンタル屋で借りてきたら見たやつだった、なんてこともしょっちゅう。

オツムの状態は日を追って危うくなってくるので、今後かような過ちを繰り返さないためにも、どこかに記録を残すべくブログブツクサシリーズに「映画の部屋」を追加してシネマブツクサをスタートすることとしたのであります。

ワタクシが過去に見た映画で、最も鮮烈な記憶に残っている映画がある。今を去る、40年以上も前。札幌大通りにある丸井デパートの中にあった映画館でみた洋画。(映画館とは名ばかりで、ドアはカーテンで料金は30円。封切りなんぞ来るわけもないB級映画専門のマニアックなスポットでありました。)

題名は不明。アフリカのサバンナの中を一人の男がマサイ族かなんか判らないけど、現地人に追われて逃げると云う内容なのだが、その中で現地人が象を倒した後、体の小さい奴が象のお腹の中に入るシーンなんぞは実写で、現在なら絶対許可されないような映画が上映されていたのである。題名を覚えていればググレたんだけど・・・。

まぁ、それはそれとして。

初回の今回は、内職のお題になった「たそがれ清兵衛」から。なお、基本ネタバレなのでご了解を。

・制作年 2002年
・脚本、監督 山田洋次
・原作 藤沢周平「たそがれ清兵衛」「竹光始末」「祝い人助八」
・キャスト 真田広之、宮沢りえ、小林稔侍ほか
*以上 allcinemaデータベースより

原題のたそがれ清兵衛と映画の内容はかなり異なる。物語は、同じ藤沢周平氏の「竹光始末」、「祝い人助八」の3作品の合作となっている。

主題となった「たそがれ清兵衛」はごく短い短編小説であるため、登場人物とストーリー展開の大部分は「祝い人助八」に題材を得ており、主人公の井口清兵衛(真田広之)は、伊部助八、飯沼朋江(宮沢りえ)は飯沼波津、久坂長兵衛(小林稔侍)は久坂庄兵衛、清兵衛が討手として斬り合う余吾善右衛門は「竹光始末」の登場人物である。

では、たそがれ清兵衛のストーリーはどこに出てくるのか。実はほとんどないのである。無形流の遣い手である清兵衛は、最後の斬り合いのシーンでは「竹光始末」の戸田流小太刀を遣う小黒丹十郎として登場する。

映画は、岸恵子が演じる清兵衛の二女である娘以登(これも竹光始末に登場する小黒丹十郎の二女である)が、母の葬儀を回想するシーンからスタートするが、これは山田洋次監督のオリジナルである。

こう書くと、支離滅裂な映画のような気もするが、実は良く出来ているのである。

小説を映画化したものは、どちらを先に見る(読む)べきかの選択があるが、この作品は映画を先に見るべきだと思う。

藤沢小説には、下級武士の話が良く出てくる。その多くは権力などとは無縁で、市井に埋もれながらも武家社会の不条理に立ち向かったり、あるいは剣の遣い手として、能ある鷹は爪を隠すごとくのヒーローとして描かれる。

原作となった3作品の主人公はいずれも剣の遣い手として共通しているが、たそがれ清兵衛からは薄給に喘ぐ風采の上らない清兵衛を、竹光始末からは妻と娘二人の生活を守ろうとする浪人小黒丹十郎を、祝い人助八からは映画全体の骨格と討手の伊部助八を得ており、考えようによっては、藤沢小説3作品をを一遍に覗ける美味しい映画とも云える。

ワタクシ的には、清兵衛役として真田広之は適役だったと思うし、朴訥な山形弁を話す小林稔侍の脇役も優れているし、飯沼朋江役の宮沢りえが、他人である清兵衛の二人の子供に注ぐ表情は見ていて好ましい。またこの女の子二人がとても可愛く、演技も誠に上手だと思う。この女性3人の存在が小説にはない干天慈雨のような効果を与えている。

邦画をあまり見ない方ではあるけれど、評価すれば ⭐️⭐️⭐️⭐️ 星4つ)かな。 


[PR]
by go_st_andrews | 2015-06-16 06:18 | 映画の部屋

ゴルフの聖地St.Andrewsでプレーするのを夢見るぐうたら人間のブログ


by harimao
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30