ひねもすのたりの日常&時々非日常

harimao.exblog.jp ブログトップ

イチャンコッペ初登頂

我が探検隊では、時折ワタクシの知らない言葉が飛び交います。

カニカン、カニカン、そうだ今度はカニカンに行こう。

冬のイチャンコッペは良いヨォ。

カニカン、蟹缶?カルカンなら我が家のトラ吉ミツバもタマに食べるけど、蟹缶って行くもんじゃんなくて貰うもんだよね。

イチャンコッペ?・・・コッペねぇ、ジャムコッペ?ウズベキスタンのイチャンで売ってるコッペ・・・ではありません。どちらもお山のお話なのでした。

本日は、そのイチャンコッペ山に初登頂なのです。

探検隊S本部長引率の下、F平和通、I平和通第二、N北方、S月寒の各支部長とM氏の総勢7名の大パーティでのアタックです。
a0248232_21440294.jpg
道々支笏湖線から支笏湖温泉街に入る手前のヘアピンカーブの駐車場に入ります。時間は午前9時、駐車場はほぼ満員状態。
a0248232_22065511.jpg
駐車場の向かい側にある登山口に向かいます。
a0248232_22234150.jpg
登山の基本。入山届けはしっかり記入します。AM9:15登頂開始。
a0248232_05312265.jpg
このイチャンコッペは、登山口からいきなり登りになります。時間にして30分ほど。それを過ぎると緩やかな林道を歩くイメージに変わります。
a0248232_05364347.jpg
振り返ると恵庭岳の勇姿が。中腹あたりからは煙も出てます。そう、このお腹の窪みがあの、モーゼ岩なのです。
a0248232_05371096.jpg
支笏湖の向こうには風不死岳。樽前山は雲に隠れてます。
a0248232_05405627.jpg
目指す頂上が見えてきましたけど、まだかなりありそう。
a0248232_05490436.jpg
途中に眺望の開けた平らな場所があって、この頂上まで20分ほど。登山口登りから林道もどきを経て、再び登り。AM11:20到着。途中の休みも入れて2時間コースとなりました。
a0248232_05522424.jpg
紋別岳の電波塔が見えます。
a0248232_05531270.jpg
樽前山もお出ましです。

初登頂快晴&眺望絶景はまさに僥倖。登山はF支部長曰く、生活不活発病対策として誠に有効ながら、やはりヒィヒィ云ったご褒美としての絶景あってのもの。我が探検隊は運がよろしい。

S本部長曰く、「イチャンコッペは冬が最高」頂上にはグラウンドほどの広場が出現するとのこと。冬も良さそうだけど、この支笏湖からの眺望は、紅葉が絵になりそう。秋にもう一度来てみたい山ですね。

頂上昼食のあと、下山開始 PM1:00 駐車場到着。

登り2時間、下り1時間40分ほど。登山口からの登りがソコソコ急なので、降りるときも少し気をつける必要ありますが、登山道はしっかりついていて初めてでも迷うことなく登れる山です。

帰りは支笏湖温泉方向に行ってポロピナイで燃料補給。

皆さん、お疲れ様でした。次回はカニカン?

[PR]
by go_st_andrews | 2015-06-15 06:20 | 日々の出来事

ゴルフの聖地St.Andrewsでプレーするのを夢見るぐうたら人間のブログ


by harimao
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31