ひねもすのたりの日常&時々非日常

harimao.exblog.jp ブログトップ

大根の干し方

先日、頂戴した大根。再びパーツとして使用いたします。まぁ、漬け物なんで干さなきゃならないんですけど・・・。

一昔前なら、この時期、家々の軒先には必ず大根が干してあったものですけど、とんと見かけなくなりました。漬け物を漬けるおうちが少なくなったせいもあるとは思うけど、そもそも、縄で編んで大根を吊るす、と云う技術が失われたのではないのかと思うわけです。

と、云うことは大根は干したいけど、吊るし方が判らないので泣く泣くスーパーでタクワンとかべったら漬けとかを買っている方がいるのかも。そういう方の為に今回は大根の干し方を伝授いたします。
いつだったかのブログにも書いたけど、因みにワタクシのオリジナルではありません。大根の干し方が判らなくて、ネットを探しまくって見つけたのです、ハイ。

とは、云うもののネットには、正当な大根の編み方・干し方は結構載ってますから、ワタクシのバヤイは、単に面倒くさいだけなのではありますけど。

a0248232_21403639.jpg

まず、こういうモノを用意します。100均で売っている荷造り用のロープとゴムの切れっ端。

ロープはある程度太さのあるものが必要です。荒縄がベストだと思うけど、恐らく100円では買えません。

このゴムの切れっ端は、自転車のタイヤチューブを切ったものです。自転車屋さんに行けばあります。
店の裏にでも行けば、古くなったチューブがあるのでそれをタダで分けて貰いましょう。丁寧にお願いしてみましょう。ただ、貰う際に何に使うのか聞かれるかも知れないので、その時は、堂々と「大根を干すのに使うのです。」と云いましょう。

このブログを参考にして、理路整然と説明しましょう。ベルトの代わりにするとか、エキスパンダー(まだ売ってます)の練習をする、なんて云うと分けて貰えない恐れがあります。

ここで、注意したいのは背広とか小奇麗なお洋服などで訪問しては行けません。怪しまれます。着古したジャンパーにノーブランドのスニーカー。帽子とリュックサックがあればなお可。リュックなどは間違っても「ザ・ノースフェイス」なんてロゴが入っていてはいけません。

a0248232_226197.jpg

2Mくらいの長さに切ったロープをU字型にして、U字の下の部分に大根1本を置きます。U字の上の2本になっているロープに、切ったタイヤチューブをスルスルと通して、大根のところまで下げます。これを何本か繰り返します。大根は中心に置いて互い違いに吊るします。

a0248232_2211033.jpg

こんな感じ。大根にもよるけど大きい大根なら5本くらいが限界。重くて吊るせません。大根はチューブのあたりまでギュッギュッと押し下げると安定します。

a0248232_22121739.jpg

吊るすとこんな感じ。ゴムチューブが滑り止めになって大根がズレるのを押さえてくれます。細くなっても簡単には抜けませんけど、時折、抜け落ちてないか確認はしましょう。

あとは1週間から10日ほどこの状態。雨に当たる時はブルーシートなどをかぶせます。

今回は大根が結構大きかったので、チューブが少し小さめでした。次回は、バイク屋さんに行ってスーパーカブのチューブを分けて貰うことにします。
[PR]
by go_st_andrews | 2014-10-29 19:25 | 日々の出来事

ゴルフの聖地St.Andrewsでプレーするのを夢見るぐうたら人間のブログ


by harimao
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31