ひねもすのたりの日常&時々非日常

harimao.exblog.jp ブログトップ

マレーシアな日々~その2

a0248232_22101753.jpg

気温36度の灼熱地帯でしたけど、不思議なところがありました。

キャメロンハイランドと云う高地(と云うより丘に近いかも)で、標高は1,500mくらいだそうでやたら涼しい。

着いたときが20度くらいで北海道と変わりません。朝方は14度くらいだそうで現地の人にしたら寒いと云うレベル。一年中がこんな感じだそうで日本からの長期滞在者がかなりいるそうです。

a0248232_22162125.jpg

タナラタと云う町にある長期滞在者向けのコンドミニアムだそうで、お値段は聞きそびれました。

暑いのが苦手な方にはよろしいところかもですけど、はっきり云って大したマチではないですね。

ゴルフ場が1ヵ所あるくらいで、大した施設もないし、お店もコンビニに毛の生えた程度で、都会に出ると云っても車酔いしそうなヘアピンカーブの山道を延々と走らなきゃならないので、ここで長期滞在すると云うのはどうなのかね。景色も椰子の林が延々とあるだけだし・・・・。

マレーシアは日本人が移住したい国の人気No.1らしいけど。

a0248232_21105890.jpg

我々おのぼりさんは別として、地元の物価はそこそこお安い。現地の新聞に出ていたスーパーの広告を見てみると。

オーストラリアビーフが1kgあたり約800円。日本だと100gで200円くらいすかね。牛肉もピンきりだけど、まぁ日本の3分の1くらい。

a0248232_21171543.jpg

Japanese sweet potato ほほぅ、こんなとこで日本のさつまいもが頑張っております。

これは安いわね。1kgあたり120円くらい。

a0248232_2132301.jpg

こちらはお米です。あのパサパサしたやつだと思うけど。10kg1,500円くらい。大体日本の半値程度ですか。

今回はマレー語の学習はほとんどなし。ホテルやコンビニではカタコトの英語で通じました。

ただ、とあるスーパーでお土産を買ったとき、レジでお釣りをくれないオバサンが居たのには、ちょっとがっかり。

札以外の端数のお釣りはセントを云うコインなんだけど、お釣りを待ってるとくれないわけ。

「コインがどうのこうの」と聞こえたので、どうも「旅行者なんだからコインは使えないでしょ。」と云ってるようで、日本円で15円くらいだから大したことはないんだけど、ちゃんとしたスーパーでこういう対応はマズいよね。コンビニだって端数のお釣りはくれるんだから。

「店長だせ!こるあぁ!」と云おうと思ったけど、マレー語も英語も知らなかったので止めときました。

やっぱりおのぼりさんは観光に精を出すのがよろしいようで。

a0248232_9391779.jpg

ジョージタウンに居た人力車。キティちゃんはここでも人気者です。

a0248232_9422015.jpg

ウォールアートの続き。

a0248232_9425464.jpg

こんなのも。

a0248232_9432240.jpg

これはアートと云えないかも。

a0248232_9485251.jpg

あの大きなニャン子のアートは先の角からネズミが覗こうとしているパロディでした。

10月から2月までは雨季で、9月もかなり雨が降ると聞いていたんだけど、雨には1度もあたらずラッキー。

マチの人々の視線も穏やかで、治安も良さそうなお国でした。首都クアラルンプールの道路は朝晩大渋滞で、日本の車もかなり走ってます。

現地の係員の案内で、行く先々でチョコレートだの民芸品だの宝石店なんかに連れ回されて無駄な時間を過ごしたような感じだけど、まぁ、お安いツアーだから仕方ないか。

食事も移動も心配する事無いからお手軽ではあるんだけど、もう少し英語でも勉強してフリーで回れるようになると、その国のほんとの面白さが判るのかもですね。

が、しかし。バックパッカーやれる年代でもないし、長時間の飛行機での移動と云うのも結構疲れるものです。体力勝負見たいなところはありますね。

2回来ることは無いだろうけど、あの涼しいキャメロンハイランドでのゴルフなら行っても良いかも。
[PR]
by go_st_andrews | 2013-09-28 10:08 | 日々の出来事

ゴルフの聖地St.Andrewsでプレーするのを夢見るぐうたら人間のブログ


by harimao
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30