ひねもすのたりの日常&時々非日常

harimao.exblog.jp ブログトップ

シャコ(蝦蛄)の食べ方

わが町小樽では、シャコ(蝦蛄)が旬を迎えています。小樽産のシャコは大きいのがウリだそうで、5匹並べるとiPad miniくらい。

a0248232_2148226.jpg

昔から「ガサエビ」と云って、ワタクシが若い時分は一匹10円とか20円くらいで、市場でザルですくって買うような安いお惣菜だったんですが、今はお高くなりまして旬のこの時期は一匹100円以上が相場。ヒト山10匹前後で1000円から1200円くらい。高い方がメスですね。卵を抱いたメスが市場に出回るのはこの時期だけのようです。

a0248232_21554646.jpg

ハイ、仰向状態。ガサエビとは云っても、このヨロイ見たいな外骨格を見れば、エビとは違うのが判ります。
頭の下に大きな爪があって、エビと云うよりカマキリに似てます。

茹でてあるからそのまま食べられますけど、このヨロイを外すのが結構ムズイんです。

エビと同じように殻を剥こうとすると身も一緒に取れちゃってきれいに剥けません。

a0248232_21583144.jpg

実はですね。シャコは手で殻を剥く前に、ハサミでチョキチョキします。

頭を落としてから、体に沿ってハサミを入れるんだけど、肝心の胴体のところは、写真のように第二間接と第三間接の間(中間ではなくてやや第三間接寄り)にハサミを入れます。

魚屋さん曰く、「ケチケチして端っこ切らないで、思い切って切るのさぁ。」

a0248232_223099.jpg

尻尾のあたりから体の線に沿うような形でハサミを入れていきます。

a0248232_2235260.jpg

切り終わったところです。

a0248232_2243969.jpg

胴体の上の殻を剥がします。下の殻は頭に近い方の身を指で押さえながら静かに剥がします。

a0248232_228642.jpg

ハイ、完成です。どうしても身が少し殻に残りますけど、この程度ならなんとか食べられます。

そのまま食べられますけど身を剥がしてから洗ったりしないように。尻尾のあたりが気になる方はちょっと拭いて食べてもよろしいかと。

メスは卵を持っているので値段が少しお高いですけど、身が柔らかいのはオスですね。卵は美味しいと云うより、少し固めの食感を楽しむ感じかな。ワタクシはオスの方が好きです。

秋にはオスが主役でシャコ祭りなんぞもありますけど、お値段は市場で買うのと大差なくて、お祭りだし地元で獲れてんだからもう少し安くても良いんじゃないかと・・・。
[PR]
by go_st_andrews | 2013-06-09 06:07 | 日々の出来事

ゴルフの聖地St.Andrewsでプレーするのを夢見るぐうたら人間のブログ


by harimao
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31