ひねもすのたりの日常&時々非日常

harimao.exblog.jp ブログトップ

世の中狭い

北海道に生まれて北海道が良くてクソ暑い本州になんか暮らせねぇやぁ、と云いながらも今年の冬、なんとかして欲しいわ、ホント。

先週、ホワイトアウト状態で荒れ狂ったのに、またこの週末もわや。どうなってんだっ、とブツブツ云いながらヤボ用で小樽まで出かけたのでありました。

高速道路はいたる所で通行止め。札樽道も小樽~新川間がパサラでした。札幌を抜けるまでの5号線が込み合ってるので新川通を迂回して銭函まで。

ノロノロと走らせて小樽市内に到着。ヤボ用を済ませて、ちょっと小腹が空いたのでカミさんと小樽駅に出来たと云う立ち食いのお寿司屋さんへgo

と、その前に小用を足しに男子トイレへ。(当たり前だけど)

そこで、ナントなんと、トイレの入り口でF支部長にバッタリ。支部長も所要で小樽までとか。JRが不通で高速を走らない高速バスと云うシャレにならない手段で来られたとか。

しかし、考えると不思議。

新川通を通らなければ小樽に着くのにもっと時間がかかっていたわけだし、ヤボ用が終わるのが1分でも早くあるいは遅く終わっていたら、更にニョーイなんぞを催さなければ支部長には会えなかったわけで、宝くじに当たるような確率なのですよ。

うーん、なんか因縁めいたものを感じるなぁ。

a0248232_238121.jpg

肝心のお寿司屋さん。

お昼時を少し過ぎたあたりだけど、それほど混んではおりませんでした。

お味はまぁまぁかなぁ。ネタの活きはよろしいです。ハッカクもニシンも美味でした。

ただ、ちょっと握りがお上品ですわ。お値段もそこそこ。立ち食いだからもう少しリーズナブルなお値段にした方が良いかもね。

その昔、小樽駅の中におでん屋さんがあったのです。アツアツのおでんとモッキリのお酒。

札幌までの時間待ちの間になんどか行ったけど、飲んでるうちにどうでも良くなって何本か汽車を乗り過ごしたことも・・・・。

情緒があったなぁ、あの時代。

小樽市内のお酒屋さんを覗くと、店の中に丸い台が置いてあって、そこでオジサンたちがお酒を飲んでいるのでありました。

お酒は缶ビールかワンカップ。店に中に置いてあるピーナッツの袋をちゃりっと破いておつまみにしてました。

これを今のコンビニで出来るかねぇ。

世の中が便利になっていく分無くなって行くものも多いということですかね。
[PR]
by go_st_andrews | 2013-03-09 23:22 | 日々の出来事

ゴルフの聖地St.Andrewsでプレーするのを夢見るぐうたら人間のブログ


by harimao
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30