ひねもすのたりの日常&時々非日常

harimao.exblog.jp ブログトップ

アンコールワットな日々その2

遺跡の写真ばかりじゃつまんないので、日常の風景なんぞを少し。

a0248232_2243014.jpg

アンコールワットの遺跡のあるシェムリアップにもコンビニはありました。でもあまり小奇麗な店じゃなくて、雑貨屋さんが24時間開いているという感じ。

ビールのおつまみに見つけたのがこれ「キャッサバチップ」現地のポテトチップですね。

a0248232_22105866.jpg

ビールはそれなりに種類がありました。大体、1個1 ドルくらい。チップとビール4個で4ドル50セント。

a0248232_2213841.jpg

街中にある両替所。ちゃんと日本語で書いてあります。行く前に日本の銀行でドルに両替して行ったので現地で両替することはなかったですけど、換算レートはそれほど安くないはず。

日本円もドルも使えますから、現地通貨のリエルに替える必要はありません。ちなみに今回は1ドル=4,000リエルでした。

a0248232_5565371.jpg

1,000リエル。日本円で22円くらい。これ1枚ではほとんどモノが買えません。

a0248232_22222768.jpg

屋台ではなかったですけど、カンボジア名物のヌードル。

野菜と肉類が入って栄養のバランスはよろしい。お味は鶏ガラのスープでラーメンを食べなれている日本人にはやや薄味。ただ、香菜のパクチーは無くても良いかも。

a0248232_22291274.jpg

この旅行で一番美味しかったのがこれ。マンゴージュース 3ドル也。観光客価格だね。

a0248232_22312741.jpg

トコロ変われば品変わる。見たことないものも売ってます。

よく見ると、タニシに唐辛子をまぶしたようなもの。かなり匂います。現地の人はつまんで口にポイ。

a0248232_22335664.jpg

現地の靴屋さん。ほとんどがサンダルで暖かいから靴要らないのかも。

a0248232_22353697.jpg

アンコールワットで夕日を見物する観光客。

遺跡は石で出来ているから頑丈なんだろうけど、こうして大勢の人間が触ったりしていると保存上問題ないのかねぇ。

これで遺跡の中を一切立ち入り禁止にしちゃうと観光客が減るかもで、重要な観光資源で外貨を稼いでくれるわけだから、痛しかゆしと云うところなのかもねぇ。

a0248232_22415212.jpg

お池のハスの花がとても綺麗でした。

a0248232_2243158.jpg

遺跡の中を一人で歩く女の子。

各地の遺跡には、掃除をしたりメンテナンスをする女性の方たちがたくさん働いています。小さな子供を連れている人も結構います。この子もきっとお母さんのところへ行くんだね。フンフンと何か独り言を喋りながらテクテク歩いてます。

きっとこの子のおウチは電気もガスも無い生活なのかも知れないけど、裸足だけどしっかりとした足取りで歩くこの子の背中がそれほどフシアワセに見えないのは何故だろう。

経済成長を優先させて先進国の仲間入りをしたニッポンだけど、国民のココロも先進国になったのかどうか。モノで溢れ、食べ物を捨て、大量のゴミを出す生活はシアワセなんだろうか。
[PR]
by go_st_andrews | 2013-01-20 07:03 | 日々の出来事

ゴルフの聖地St.Andrewsでプレーするのを夢見るぐうたら人間のブログ


by harimao
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31