ひねもすのたりの日常&時々非日常

harimao.exblog.jp ブログトップ

七人の侍

ワタクシ、無類の映画好きでして。

最初に見た映画は、小学校の体育館でゴザを敷いて見たディズニーのアニメだったような。

文部省推薦で中学生の時に映画館で見た2001年宇宙の旅は衝撃的でした。

一番印象的なシーンは、猿人類か類人猿なのか判らないけど、お猿が死んだ動物の骨をじーっと見ているところ。そのうち、一本の太い骨を手にして転がしたり、振り下ろしたりしていると、太い骨が柔らかい骨を砕くことに気がつくわけ。

それから、狂ったように骨を砕いて行くんだけど、武器としての道具を持った最初のシーンとして描かれます。武器を持った猿は、他の部族の猿を攻撃して勢力を拡大していくのですね。

この映画が作られたのが1968年。その33年後として描かれますが2001年には人類は木星には行けませんでしたけどね。ワタクシが映画を好きになったのは、この映画を見てからだなぁ。学校は良い映画を見せてくれました。

たくさん見ましたけど、その中で最高の1本を上げろと言われたら、迷わず七人の侍ですね。

掛け値なしに面白い••••とワタクシは思います。

この映画をハリウッドでリメイクしたのが荒野の七人

ユルブリナーとマックイーンがカッコ良くて面白い映画だけど、あまり緊張感が無くてアメリカらしく何となく明るい映画に仕上がっている。ただ、原作より優れている点がひとつ。

七人の侍では、菊千代(三船敏郎)が川の中で魚を取るシーンがあるんだけど、取った魚がぐったりしているのに比べて、荒野の七人の同じシーンでは、菊千代役のチコ(ホルストブッフホルツ)が取る魚はピンピンと生きているわけ。

七人の侍では、恐らく死んだ魚を川底に仕掛けたんだろうけど、部落の人間模様や戦闘シーンなどにあれだけこだわった映画だから、この辺にもひと工夫して欲しかったなぁ。
[PR]
by go_st_andrews | 2012-12-31 09:45 | 日々の出来事

ゴルフの聖地St.Andrewsでプレーするのを夢見るぐうたら人間のブログ


by harimao
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31