ひねもすのたりの日常&時々非日常

harimao.exblog.jp ブログトップ

捨て猫を救うべきか否か

先日、カミさんとこんな会話を。

♀:「今日、朝の出掛けにクロネコの赤ん坊がニャーニャーくっついてきてさぁ。きっと捨てられたんだと思うけど。可愛そうだったけど仕事行かなきゃなんないし、駐車場から離れたとこに置いてきたんだけど。帰ってきても居たら、覚悟決めようと思ったんだけど、帰ったら居なかったの。どうしたかなぁ、なんか心配でさぁ。」

フムフム。最近捨て猫とか捨て犬って少なくなったわね。特に捨て犬はほとんど見かけなくなりました。ワタシが子供の頃は、街角の電信柱の下あたりに段ボールに入れられて捨てられていたのを良く見かけました。

クロネコのコッコは、捨てられたのかはたまた母親とはぐれたのか判らないけど、まぁ、それほど珍しいハナシではありません。

♂:「フーン、そうかね。ついてきたのがニャンコじゃなくて、ニシキヘビとかコモドオオトカゲのコッコとかでも飼うのかよ?」

♀:「は人間が野生化してたのを飼いならしたんだから責任があるのっ!。ヘビやトカゲとは違うんだからねっ!

♂:「フムフム。なかなか良いこと云うんでない。仰るとおりかも。」

♂:「放っとけば死ぬかもしれない生き物を助けよう、と云うのは判るわ。だから飼って世話をする、と云う選択もあるわね。でもな、たまたま出会ったのが1匹だったら良いけど、3匹とかまとめて箱に入ってたらどうすんのよ。ぜーんぶ世話できる余裕があれば良いけど、どれか1匹と云うのも残酷な選択だぜ。」

♀:「ウーン」

♂:「恐らくな、我々の知らないところでたくさんの命が無くなっていると思うんだわ。食物連鎖で捕食されるのは自然の摂理だけど、自分のエサが獲れなくて死んでいく生き物ってたくさん居ると思うんだわ。その中には身近な猫や犬も居るはずで、それをすべて救うなんてことは出来ないでしょ。エサが獲れなくて死んでいくのも自然の摂理なんだと思うわけよ、俺は。」

♂:「猫1匹飼えないことはないけどさ、俺なら放っておくな。可愛そうだとは思うけどさ。だって、また捨て猫に会わない保証はないし、その都度拾っていたら猫屋敷になっちまうじゃん。それで飼えなくなって捨てたら、それこそ本末転倒だわね。」

実は、我が家にはすでに1匹おるのです。拾ってきたノラが・・・。
[PR]
by go_st_andrews | 2012-07-27 07:05 | 日々の出来事

ゴルフの聖地St.Andrewsでプレーするのを夢見るぐうたら人間のブログ


by harimao
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31