ひねもすのたりの日常&時々非日常

harimao.exblog.jp ブログトップ

更なるトワイライトゾーン~富良野岳

3日に書き込んでから、やっぱりひねもすのたり松太郎的ブログになってしまって。

こういうところに気を使うようだと、まだ小市民の域を出ていないなぁ、とつくづく思ってしまうねなぜか。(イキを出たら、どこかエラくなれるわけではないのですけどね。)

我が秘境探検隊の面々は、云わば登山のセミプロ。その中にシロートの私が組の準構成員よろしくお邪魔しているわけだけど、構成員に昇格するには、もう少し経験が必要、と云うことで今回は富良野岳に挑戦。

今年に入ってからの登山はほとんど未体験ゾーンに突入。とは云うものの伏美岳を経験してから少し自信がついたと云うか、連れて行ってくれるお仲間に感謝、感謝。

札幌からは、道央道旭川方面に入って三笠ICから芦別を経由して上富良野町十勝岳温泉を目指します。

今回は、F平和通支部長、N北方支部長、I平和通第二支部長とワタクシの4名でトライ。AM5:00 快晴の札幌をスタート。AM7:15 十勝岳温泉到着。途中、桂沢湖、芦別がどよんと曇っていたので心配だったけど、やっぱり日頃の精進のおかげだね。お天気はバッチリ。

a0248232_17371529.jpg

F,N支部長が懸念したとおり、駐車場はすでに路肩駐車が始まっている状態で満車。地元旭川ナンバーは云うに及ばず、札幌、室蘭、北見など全道からの登山客で埋まってます。

a0248232_1853172.jpg

AM7:30登坂開始。入山届はN支部長に書いてもらって、駐車場奥の登山道をゆるゆると進みます。

a0248232_18542927.jpg

目指す富良野岳が見えてきました。「あんなとこまで行くのかよ、トホホ」と云う感じ。

a0248232_1905284.jpg

安政の火口付近。登山客が鈴なり状態。どうも、本州からのツアーの方々のようです。

a0248232_192920.jpg

有名な十勝岳だそう。初めてお目にかかります。なんとも立ち姿の美しい山です。

a0248232_1971123.jpg

それほどキツい登りはないけど、登山道はこんなガレ場が続きます。

a0248232_1992983.jpg

頂上までの本格的な登りが始まる前に皆さん一休み。

a0248232_19111887.jpg

頂上に続く階段の急登。皆さんサクサク登って行くけど、ワタクシは何度も休憩。

a0248232_19183453.jpg

ヒィヒィ云って登っていたら、「あれま、頂上でないの」と云う感じで到着。かなりキツかったけど、伏美岳に比べると少し楽だったかなぁ、と云う感じ。AM10:40到着。

a0248232_19214697.jpg

頂上は銀座状態。

a0248232_19224128.jpg

この絶景が登った人へのご褒美。お天気だけはどうにもならないから、初めて登ってこれだけの景色が見られたのは超ラッキー。

a0248232_19242878.jpg

降りるときの景色も絶景。登山客が鈴なり状態になるのが解ります。行きも帰りもN支部長が先導してくれました。

a0248232_1930980.jpg

途中で出会ったお花さんたち。名前があるんだろうけどゾーケイがありませんからねぇ。

a0248232_19312315.jpg

これも。

a0248232_19314950.jpg

同じく。

a0248232_19322253.jpg

またまた。

なんとかかんとか富良野岳完走出来ました。塩谷丸山、手稲山、伏美岳とずーっとお天気がイマイチだったので、これで取り返した感じかな。皆さんお疲れ様でした。
[PR]
by go_st_andrews | 2012-07-21 20:54 | 日々の出来事

ゴルフの聖地St.Andrewsでプレーするのを夢見るぐうたら人間のブログ


by harimao
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30